水無月の花鳥風月

植物、野鳥、昆虫などの写真を撮り続けていますが、昼の時間が一番長いこの時期は、見頃となる生物の種類が多く、ワクワクします。基本的に「追っかけ」ているのは、外来種ではなく、古くから日本にいる固有種です。葦毛湿原では、いつのまにか、管理人の人からも声をかけられるようになってきました。花鳥風月シリーズは今後も続けていきたいと考えています。

ヒメヒカゲ( Coenonympha oedippus annulifer )
アカシジミ( Japonica lutea
ウラナミアカシジミ( Japonica saepestriata Hewitson
サンコウチョウ( Terpsiphone atrocaudata )。キビタキとともに、暗いところを好む夏鳥です。オスは尾が長く、飛翔する姿が格好いいです。鳴き声も独特で、とても愛らしいです。
ササユリ( Lilium japonicum )
サワフタギ(クロミノニシゴリ)( Symplocos paniculata )
湿原に自生するバイケイソウ( Veratrum album )
バイケイソウの花(クローズアップ)
ナツハゼ( Vaccinium oldhamii )
ノハナショウブ( Iris ensata )
モウセンゴケ( Drosera rotundifolia )
トウカイモウセンゴケ( Drosera tokaiensis )
河原撫子( Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) F.N.Williams )(秋の七草ですが、咲いています)
テングチョウの群れ( Libythea celtis
ハンカイソウ( Ligularia japonica )の蜜を吸うモンキアゲハ( Papilio helenus )
絶滅危惧種IAに指定されているヒメヒカゲ( Coenonympha oedippus annulifer(Butler) )
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください