一杯のコーヒーがおいしい

暑い夏を迎え、技科大周辺の朝の散歩でも、汗だくになる季節となりました。散歩のあとのコーヒー一杯がとてもおいしいです。

ムクゲ(Hibiscus syriacus)。技科大周辺道路。この花を見ると夏だなあと感じます。
クヌギの樹液に集まるカナブン(Rhomborrhina japonica)。中央にいるのはマダラアシゾウムシ(Ectatorhinus adamsii)。技科大構内。
クサイチゴ(Rubus hirsutus)の実。技科大構内。
ハマユウ(Crinum asiaticum)。時習館高校付近
アフリカハマユウ(Crinum bulbispermum)。時習館高校付近。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

撫子を探して…

秋の七草を探し始めてから、まだ、女郎花と撫子に出会えずにいました。そんななか、なんと6月のこの時期に、故郷の倉敷で思いがけず、日本古来の河原撫子(Dianthus superbus L.)にやっと出会うことができました。happy surpriseでした。

倉敷駅(Manacaが使えてほっと…)
カワラナデシコ(Dianthus superbus L.)。ピンクの線状の花びらが素敵です。
いろいろな方向に向いている花びらもまたいいです。
クチナシ(Gardenia jasminoides)の花。独特な香りがします。

かわせみ(Alcedo atthis)。豊橋では高師緑地で見たことがあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

山の畑の桑の実を…♪

桑(Mulberry, 学名 Morus alba)の実を見ると、童謡に出てくる「山の畑の桑の実を~♪」という歌を思い出します。知っている人は知っていると思いますが、この実、とくに黒く熟した実は甘くて、ブルーベリーより美味しいです。鳥たちはそのことを知っているので、桑の木に群がって飛来してきます。昔は、養蚕業が全国で行われていて、あちこちで桑を見かけましたが、最近は稀です。そういえば、かつては学研の「科学と学習」という雑誌シリーズの付録に蚕の繭【本物】が付いて送られてきていました。絹織物の原料はこれなんだ、と関心したものです。


高師緑地の桑の実(Mulberry, 学名 Morus alba)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小さな贅沢

だいたい6時半ごろ、車で技科大にやってくると、ほぼ毎日すれ違うのがヤマザキパンのトラックです。技科大のある豊橋市のほぼ南端にある大学まで、毎朝パンを運びに来てくれてることに感動を覚えます。それを知ってか知らでか、学内にある売店(デイリーヤマザキ)には、職員証をPasmoやManacaのようにプリペードカードとして買い物ができる便利さもあり、時々ブランチ用にパンを求めて店に吸い込まれていきます。今日も、自分の授業の前に吸い込まれるように入ってしまいました。すると、な、なんと、「本日6月1日から発売で~す」と、新しいパンを発見。「ゆず胡椒入りつくねパン」(正確な名前は違うかも?)を手に、これだけじゃ、さびしいということで、「くるみパン」と「グリーンスムージー」を買って、ちょっと贅沢なブランチを食べて至福の時間を過ごしてしまいました。これって罪でしょうか?

ぴりりと「からし」の効いた「ゆず胡椒入りつくねパン」【右】、くるみパン【左手前】と、グリーンスムージー【奥】

カテゴリー: 未分類 | コメントする

花ぞ昔の香ににほいける…

昼間の時間がとても長く感じられる季節になってきました。木々の新緑に目を奪われるばかりです。ほぼ毎朝続けている朝の大学周辺道路の散歩で、この時期は風景が1年でもっとも変化の激しい時期だなあと感じます。新芽から若葉に、草花や樹木の花も多く咲きそろいます。また、1年で一番素敵な香りを感じられる季節でもあります。短い期間ですが技科大北門付近に多く咲くハリエンジュのフルーティな香り、あちこちの庭で栽培されているスズランも、とても透明感のある爽やかな香りがします。もう吸い寄せられてしまいそうです。なんとか、容器に閉じ込めることは出来ないものでしょうか?宿舎では、栽培していたヒメサユリも咲きました。こちらも、とても神秘的な香りがします。夏、野生で見られるという新潟や山形あたりの山地にも行ってみたくなりました。

技科大北門付近のハリエンジュ (Locust tree, 学名:Robinia pseudoacacia)(フルーティーな香りが漂います)
スズラン (lily of the valley, 学名:Convallaria majalis)(透明感のある爽やかな香り)
ヒメサユリ (Lilium rubellum) (神秘的な香り)

技科大南駐車場付近のエゴノキ (Japanese snowbell, 学名:Styrax japonica)
技科大周辺道路に咲くノアザミ (Japanese thistle, 学名:Cirsium japonicum)
まな板などの原材料で有名なホウノキ(左:Magnolia obovata)とセンノキ(右:Kalopanax septemlobus)。いつもの森で(推定樹齢100年以上?)。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

風が気持ちいい…

五月になり、昼間の平均気温があがってきました。それでも朝はまだ結構気温が下がるので、外を歩くには、ちょうど「風が気持ちいいなあ」と感じています。技科大のこの時期は、バス停から事務局へ続く道にツツジが出迎えてくれます。ツバメも南国から帰ってきて、技科大の構内の地面すれすれを、挨拶がてらに超高速で飛び交って巧妙に人間を避けてくれているように感じます。

連休はどこも混雑しているだろうということで、近所のいつもの森に出かけました。今年も黄色いキンランを見かけることができ、ほっとしています。植物鑑定の研究をはじめてから、益々植物が愛おしくなってきました。

技科大の事務局付近にツツジ(Rhododendron L.)が咲き始めました
技科大の事務局付近のツツジ(Rhododendron L.)

近所の森のキンラン(Golden orchid, Cephalanthera falcata)

ヤマシャクヤク(Paeonia japonica )。最初に見たのは、まだ中学生のころ、岡山県上斎原で。「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」。大好きな花のひとつです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

春の花は秋の実りに…

技科大の春の花の続報です。構内に「桃」があることも珍しい大学だと思いますが、実は「りんご」(Malus pumila)もあります。秋には緑色のりんごの実(「王林」ぽい見た目です)がなります。りんごは青森や長野あたりでは有名なのかもしれませんが、自分は、豊橋にきて、大学構内で、はじめてりんごの木を見ました。派手な花ではないですが、秋(10月)になると、それはそれは大きなりんごの実がなります。まだ、食べたことはありません。また、技科大南駐車場付近では「あけび」(Akebia quinata)の花があちこちで満開です。こちらも秋には、大きな果実になり、果肉はゼリー状で甘い味がします。花を「目標」にたとえると、そのうちほんの数%が秋に実を結ぶので、「結果がでる」ものは、いろいろな必然(花の香りなどで誘引)と偶然(みつばちなどの受粉)の不思議な組み合わせなのでしょう。研究も似たところがあります。

技科大構内のりんごの花(Malus pumila)
10月には、りんごの果実が観察されます(2016年10月撮影)

技科大南駐車場付近のあけびの花(Akebia quinata)
10月には、あけびの果実が観察されます(2016年10月撮影)
この4月から新装オープンした技科大の図書館です

以下おまけです。

技科大のうぐいす(再生ではボリュームを小さくしてください)

技科大のホトトギス(けたたましい鳴き声のため、ボリュームをかなり小さくしてください)

え?俳句?しょうがないなあ。では一句。

技科大に 春を告げるよ ホトトギス

平凡すぎ? ごめんなさい。じゃ、もう少し。

ホトトギス 毎年来てね これからも

できるなら 一緒に泣(鳴)こう ホトトギス

ホトトギス 元気ください 少しだけ

連れてって 空の散歩に ホトトギス

その声を フーリエ変換 ホトトギス(字余り)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

春は翔けるように…

いつもの年より桜の開花が全国的に遅れていた今年の春ですが、ここ一週間くらいで一気に春が駆け抜けてきたように感じます。かつて1990年代前半、ニューヨーク州北部に3年半くらい留学していた頃の感覚に似ています。雪に埋もれた長い長い冬のあと、一気に春がやってきた感覚がありました。毎年、この時期は、桜をはじめ、いろいろな花が咲き乱れるので、カメラ片手に近所の公園や技科大周辺の小路に撮影に出かける日々を楽しんでいます。

豊橋市高師緑地公園の朝, 「長い曇天の後、突然やってきた春」っていう感じです。

技科大構内の花桃(Prunus persica), 満開は一瞬なので逃せません

オキナグサ(Pulsatilla cernua)(栽培), かつて河川の土手などで観察できました。地味な花ですが個人的に好きな植物の1つです。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

菜の花畑でつかまえて…

もう退職された技科大の名誉教授から、「技科大が出来てしばらくの間はネー、雨が降ると、地面がぐじゃぐじゃになって、皆、長靴をはいていましたヨ」という話を聞いたことがあります。多分、大学の中の道路は舗装されていなかったのだと思います。雨が降ると、時々この話を思い出します。自分も小学校の頃は、雨が降ると長靴をはいて登下校していたので、それがいかに大変だったか容易に想像できます。

土の道路といえば、昭和なレトロのイメージがありますが、実は今でも、そんなレトロな雰囲気を感じられるところがあります。時々、写真の場所へ行って哲学する習慣にしています。この写真は横浜市ですが、昔住んでいた倉敷市北部の(記憶の中の)風景は、写真そっくりの土の道路で、道路の片方に川が流れ、もう片方は、春になるとあたり一面ピンク色の「れんげ畑」で、近所の子供たちと一緒に駆け出して遊んでいました。川には、水車があちこちに設置され、季節になると、水車で川から水田に水を供給していました。そんな水車の回転の様子をじっと眺めていたのを覚えています。

さて、季節は徐々に本格的な春になってきました。ところどころ、早咲きの桜が咲き、菜の花畑は満開状態です。たまには子供のように菜の花畑の中を駆け出してみたくなります。豊橋鉄道の「菜の花」号は、電車の中も「菜の花」一色で、最初に見たときは、「ううっ」という感じでしたが、今では感覚が麻痺したのか、「(こんな)だもんで」な気分です。

昭和レトロな土の道路が見られる横浜市の風景
技科大近くの菜の花畑(Brassicaceae Burnett)
豊橋鉄道「菜の花」号
豊橋鉄道「菜の花」号(車内、吊革まで菜の花色です)
技科大駐車場の「三毛猫」(今日はどこにドライブにいこうかニャー)


カテゴリー: 未分類 | コメントする

縦の糸は…, 横の糸は…

3月23日卒業式・修了式が行われました。教員の参加は任意なので、滅多に参加しないのですが、副系長ということで、普段着ることのない略礼服を着て出席し、壇上の隅で静かに式を見守っていました。控え室の楽屋では、系長先生らが、「噛まずに学生の名前を読み上げたい」と何度も練習していて、ちょっとほっこりしていました。成人式のようなサプライズもなく、静かに式は進行してゆきました。学長が「シデコブシ」に言及されたのは、ちょっと驚きました。地味な樹木だけにうれしかったことでしょう。

当研究室からは、留学生2名を含む6名のM2が巣立っていくこととなりました。卒業式・修了式に先立つ22日の夜、研究室で歓送会を行いました。今後の皆の国内外での活躍、ならびにご多幸を祈念します。(ってなんか、結婚式のスピーチじゃん(笑))

アイプラザでの卒業式・修了式の立看板とシデコブシ(24日撮影)


研究室の歓送会(場所は豊橋から車で集合した豊川の北海道 (一体どこだい?))

カテゴリー: 未分類 | コメントする