豊橋公園の早春

この時期、豊橋公園にはいろいろな野鳥が集まります。また、公園内ではツバキ、ウメのほか、マンサクの花が咲き、早春の景色を彩っています。

マンサクHamamelis japonica) @豊橋公園、日本固有の植物で、学名にjaponicaがつきます。亜種は、中国や米国にもあるようです。2020年2月15日
マンサクHamamelis japonica) @豊橋公園、 2020年2月15日
吉田城( 鉄櫓 )@豊橋公園、2020年2月22日
ヤドリギ (Viscum album subsp. coloratum )@豊橋公園。 遠景から見たヤドリギです。豊橋公園内にはあちこちに、ヤドリギがあります。 2020年2月11日
ヤドリギ (Viscum album subsp. coloratum )@豊橋公園、 2020年2月15日
ヤドリギ (Viscum album subsp. coloratum )の実@豊橋公園、 2020年2月15日
ヒレンジャクBombycilla japonica)@豊橋公園、冬鳥。 学名にjaponicaがつく冬鳥(渡り鳥)は珍しいと思います。ヤドリギの実が好物です。WikipediaではNT (Near Threatened)(準絶滅危惧)に分類されています。2020年2月15日
ヒレンジャクBombycilla japonica)の集団@豊橋公園、冬鳥。 2020年2月15日
ジョウビタキPhoenicurus auroreus) (オス)@豊橋公園、冬鳥、 2020年2月11日
ジョウビタキPhoenicurus auroreus) (オス)@豊橋公園、冬鳥、 2020年2月22日
ジョウビタキPhoenicurus auroreus) (オス)@豊橋公園、冬鳥、 2020年2月22日
ジョウビタキPhoenicurus auroreus) (オス)@豊橋公園、冬鳥、 2020年2月22日
セグロセキレイMotacilla grandis) @豊橋公園、留鳥 。 2020年2月11日。
キセキレイ Motacilla cinerea ) @豊橋公園、留鳥 。 2020年2月22日。
ホオジロEmberiza cioides)(メス) @豊橋公園、留鳥、 2020年2月15日
ツグミ(Turdus eunomus) @豊橋公園、冬鳥、 2020年2月15日
ヒヨドリHypsipetes amaurotis) @豊橋公園、留鳥。 2020年2月15日
ヒヨドリHypsipetes amaurotis) @豊橋公園、留鳥。 2020年2月15日
ヒドリガモAnas penelope Linnaeus)@豊橋公園、冬鳥。 2020年2月15日
キンクロハジロ Aythya fuligula )@豊橋公園、冬鳥。 2020年2月22日
オオジュリンEmberiza schoeniclus) @豊橋公園、冬鳥 、 幾つかの都道府県では、絶滅危惧種になっています。2020年2月22日
オオジュリンEmberiza schoeniclus) @豊橋公園、冬鳥 。2020年2月22日
オオジュリンEmberiza schoeniclus) @豊橋公園、冬鳥、 葦を千切って餌を探しているのでしょうか? 2020年2月15日
カテゴリー: 未分類 | コメントする

遠州と相模の早春の景色から

浜松と横浜に居る機会があったので、そこで撮影した早春の風景を紹介します。冬場は、落葉樹にとまる鳥が見つけやすいので、どうしても鳥中心の写真になってしまいます。ただ、鳥は、殆どの場合、一瞬で飛び去ってしまうので、Touch-and-Go形式の写真撮影を反復しています。

横浜瀬谷市民の森から旧上瀬谷通信施設ごしに丹沢の山々を望む。丹沢の山々には雪があることがわかります。上瀬谷通信施設は米国海軍の跡地であり、旧米軍の宿舎?(写真中央下)と、だだっぴろい広野なのですが、将来、テーマパークに変貌するらしく、瀬谷の自然が失われてゆくのでは、と懸念しています。
クサイチゴRubus hirsutus )@浜松佐鳴湖公園 。もう咲いているんですね。
ユリカモメ Larus ridibundus) @浜松佐鳴湖、冬鳥。 ユリカモメというと、新橋から豊洲へ向かう東京臨海新交通臨海線を想像しますが、鳥のほうは、冬にしか見られない冬鳥なんですね。
ユリカモメ Larus ridibundus) @浜松佐鳴湖、冬鳥 。嘴と足が赤いのが特徴のようです。
シメCoccothraustes coccothraustes) @横浜瀬谷市民の森、冬鳥。強面で歌舞伎役者風の顔ですが、羽の紺色、黒色、薄紫色、赤褐色の模様と、頬からお腹にかけての肌色が調和して、どことなく気品を感じます。
ウグイスHorornis diphone) @浜松佐鳴湖公園、留鳥。 Wikipedia通りで冬場は、 チャッチャッ って鳴いています。ホーホケキョは春になってからのようです。
シロハラTurdus pallidus) @横浜瀬谷市民の森、冬鳥。上瀬谷通信施設あとの広大な平原には、比較的多くのシロハラやツグミが暮らしています。
アオジEmberiza spodocephala) @浜松佐鳴湖公園、冬鳥。
ルリビタキTarsiger cyanurus) (オス)@横浜瀬谷市民の森。
ルリビタキTarsiger cyanurus) (オス)@横浜瀬谷市民の森 、冬鳥(漂鳥)
ジョウビタキPhoenicurus auroreus)(メス) @浜松佐鳴湖公園、冬鳥。
ヤマガラSittiparus varius) @横浜瀬谷市民の森、留鳥。この敏捷性があれば、いろいろな天敵から身を守れそうです。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

東三河の早春

前回、渥美半島の1月の風景写真を紹介しました。今回は、ちょっと範囲を広げて、東三河の2020年の早春の風景写真を紹介します。

太平洋を望む豊橋市表浜海岸。アカウミガメの産卵地のひとつ。技科大から南に約4kmあたりです。
早咲きの桜@愛知県民の森
ハマダイコン (R. sativus var. hortensis f. raphanistroides) @豊橋表浜海岸
イイギリIdesia polycarpa)の実 @新城市朝霧湖
ルリビタキ (メス) ( Tarsiger cyanurus )@愛知県民の森、漂鳥 。愛知県の野外でルリビタキを見たのは初めてです。 メスは、ルリ色ではありませんが、尾羽付近に少し片鱗があります。
ルリビタキ (メス) ( Tarsiger cyanurus )@愛知県民の森 、漂鳥
ジョウビタキ(メス)( Phoenicurus auroreus )@利平池、冬鳥
ジョウビタキ(オス)( Phoenicurus auroreus )@愛知県民の森、冬鳥
キセキレイ(Motacilla cinerea) @葦毛湿原、留鳥
メジロZosterops japonicus) @利平池、留鳥
葦毛湿原。この時期でも、時々、散策に来ている人に出会います
葦毛湿原。乾燥しているように見えますが、涌水もあり、湿地帯もあります。
葦毛湿原 駐車場

番外編(道の駅 とよはし) 

豊橋牛まぶしラーメン@いっしょうめし。食券制ですが、軽く食事をとる場合はいいかも。 技科大から徒歩15分くらいにある施設です。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

渥美半島 1月の風景

年初と週末に近場で撮影した風景です。

田原市滝頭公園編

滝頭公園(田原市)は渥美半島の北中部にあります。
ジョウビタキ(メス)( Phoenicurus auroreus )@滝頭公園、冬鳥
セグロセキレイMotacilla grandis )@滝頭公園、留鳥(日本固有種)
マガモAnas platyrhynchos )@滝頭公園、冬鳥
ろうばいChimonanthus praecox )@滝頭公園
キミノセンリョウSarcandra glabra f. flava)@滝頭公園

豊橋市嵩山編

追間ヶ池 (豊橋市嵩山)
ヨシガモ (Anas falcata), コガモ (Anas crecca), オオバン (Fulica atra)
@追間ヶ池 、いずれも冬鳥
アオキAucuba japonica)の赤い実 @ 嵩山

豊橋公園編

豊橋公園から豊川を望む。カモ類やカワウなどが観察されます。
ヒドリガモAnas penelope Linnaeus )@豊橋公園 、冬鳥
マサキEuonymus japonicus )@豊橋公園

葦毛湿原~宮前池~利平池編

利平池
宮前池 (利平池に隣接しています)
宮前池にそそぐ小川
カワセミAlcedo atthis) @宮前池、留鳥
メジロZosterops japonicus) @利平池、留鳥
ツグミTurdus eunomus )@利平池、冬鳥
ツグミTurdus eunomus )@宮前池、冬鳥
ツグミTurdus eunomus )@利平池、冬鳥
アオジEmberiza spodocephala) @利平池、冬鳥
ホオジロEmberiza cioides) @葦毛湿原、留鳥
ミヤマシキミSkimmia japonica )@葦毛湿原
イズセンリョウ (Maesa japonica) @葦毛湿原
セリ科の花?@宮前池。この時期にセリ科と思われる花に出会うとは、意外です。
キンクロハジロ( Aythya fuligula )@葦毛湿原(長尾池)、冬鳥
オオバンFulica atra )@利平池、冬鳥

豊橋のんほいパーク編

コツメカワウソ(Aonyx cinerea) @動物エリア、絶滅危惧種です。本来、インドから、中国南部、東南アジアに分布するそうです。
トラツグミZoothera dauma) @野鳥園 、留鳥

動画例

宮前池のカワセミ。手持ちカメラでの撮影です。
滝頭公園にいたジョウビタキ
カテゴリー: 未分類 | コメントする

2020年がはじまりました

ルリビタキ! 豊橋では、豊橋公園にいるらしいですが、まだ観察できていません。一方、実家のある横浜では、今シーズンも無事、観察できました。冬の楽しみです。

ルリビタキTarsiger cyanurus ) @横浜瀬谷市民の森、漂鳥
ルリビタキTarsiger cyanurus ) @横浜瀬谷市民の森
ルリビタキTarsiger cyanurus ) @横浜瀬谷市民の森
ルリビタキTarsiger cyanurus ) @横浜瀬谷市民の森
ルリビタキTarsiger cyanurus ) @横浜瀬谷市民の森
アオジEmberiza spodocephala personata )@横浜瀬谷市民の森、冬鳥
シロハラ Turdus pallidus) @横浜瀬谷市民の森、冬鳥
ヤマガラSittiparus varius) @横浜瀬谷市民の森、留鳥
エナガAegithalos caudatus ) @横浜瀬谷市民の森、留鳥
シジュウカラParus minor) @横浜瀬谷市民の森、留鳥、木の実を探していました
横浜瀬谷市民の森の落ち葉。コナラ、クヌギ、センノキ、ミズキなど多様な植物の落ち葉が観察できます。やがて、森の栄養になります。
フキPetasites japonicus )@横浜瀬谷市民の森、日本原産。
ビワEriobotrya japonica )の花 @横浜瀬谷市民の森

【注】以下のビデオは手持ちなので、手振れが起きます。

ルリビタキ@横浜瀬谷市民の森にて
エナガ5兄弟@横浜瀬谷市民の森
アオジ@横浜瀬谷市民の森
カテゴリー: 未分類 | コメントする

クリスマス・お正月に似合いそうな冬の木の実など

クリスマス・お正月に似合いそうな冬の山野で観察した色づいた実、花、鳥、景色などを撮影しました。いずれも渥美半島に位置する豊橋市と田原市の山野で撮影したものです。

センリョウ(Sarcandra glabra )の実@葦毛湿原
マンリョウ( Ardisia crenata )の実@葦毛湿原
ヒイラギ( Osmanthus heterophyllus )の白い花@葦毛湿原
ツルソバ( Persicaria chinensis )の花@滝頭公園
ムラサキシキブ( Callicarpa japonica )の大きな実@滝頭山
まだ落葉していないカエデの枝にとまるメジロ( Zosterops japonicus )@滝頭公園
キセキレイ( Motacilla cinerea )@滝頭公園 。道案内をしてくれました。
滝頭公園 の冬景色
葦毛湿原の冬景色
落ち葉(コナラ)@葦毛湿原に隣接する森の地面の風景です。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

おしどりの里にて

豊橋にて三河湾に流れ込む一級水流河川(水質が清浄な川)の豊川の上流にある、通称「おしどりの里」に行ってきました。毎年、晩秋から早春にかけて、運がよければ「おしどり」に出会える場所です。豊橋からは車で1時間ちょっとでした。天候に恵まれたこともあり、オシドリをはじめ、マガモ、コガモなど、沢山の鳥たちに出会えました。

おしどりの里(この付近は寒狭川とも呼ばれます)
おしどり( Aix galericulata )。2羽のオスと1羽のメス
おしどり夫婦?
コガモ( Anas crecca
おしどりの里、駐車場付近の景色。気温は10度ほど。
おしどりの里にて。
カモ類共通ですが、頭から水面につっこんでいく様がとてもほっこりします。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

小春日和に誘われて

もみじの紅葉@愛知県民の森。朝晩の気温が下がり、紅葉が加速してきました。
もみじの紅葉@愛知県民の森
不動滝周辺@愛知県民の森 。エメラルド色の渓流が綺麗です。
朝霧湖@愛知県新城市
トビ( Milvus migrans )@朝霧湖
ホソバリンドウ( Gentiana scabra var. buergeri f. stenophylla )@葦毛湿原。リンドウは全国的には、絶滅危惧種のようです。 葦毛湿原の1年の最後を締めくくる花としてパンフレットに紹介されています。
ホソバリンドウ( Gentiana scabra var. buergeri f. stenophylla )@葦毛湿原
ヤマラッキョウ( Allium thunbergii )@葦毛湿原。全体が放射状に綺麗に、ほぼ等分割で咲いているものにやっと出会えました。ネギ属だけあって、本当に球状の花なんですネ。ヤマラッキョウは全国的には絶滅危惧種のようです。
ウラギンシジミ♀( Curetis acuta )@葦毛湿原
ホタルツワブキ( Farfugium japonicum ‘Hotaruhu’ )@横浜瀬谷市民の森。普通のツワブキと違って、葉にホタルが光ったような斑点があります。
ホタルツワブキ( Farfugium japonicum ‘Hotaruhu’ )@横浜瀬谷市民の森。
サルビア・ガラニチカ( Salvia guaranitica )@横浜瀬谷市民の森
シロダモ( Neolitsea sericea )@横浜瀬谷市民の森
シロダモ( Neolitsea sericea )の花@横浜瀬谷市民の森
ムラサキシキブ( Callicarpa japonica )の実@横浜瀬谷市民の森
ヤツデ( Fatsia japonica )の花@横浜瀬谷市民の森
イヌタデ( Persicaria longiseta )@横浜瀬谷市民の森
リュウノウギク( Chrysanthemum japonicum )@横浜追分市民の森
クロコノマチョウ( Melanitis phedima )@横浜瀬谷市民の森
カテゴリー: 未分類 | コメントする

霜月の花鳥風月

晩秋を迎え、日々、昼の長さが短くなるのを感じます。豊橋にやってきたのが、2003年11月1日ですので、ちょうど16年経ちました。16年目ではじめて豊橋市役所近くの豊橋公園、および公園内にある吉田城跡地に行ってきました。そもそも天守閣は昔からなかったそうで、1954年に三重の鉄櫓(くろがねやぐら)が再建されたそうです。公園内に樹齢数百年を超えていそうな樹木も結構あったので、ヒストリーを感じました。

吉田城の 鉄櫓 @豊橋公園
紅葉(黄葉)してきた豊橋公園の樹木
ジョウビタキ( Phoenicurus auroreus )♂ @豊橋公園。今期野生ではじめて観察できた冬鳥です。
ジョウビタキ( Phoenicurus auroreus )♂ @豊橋公園。 飛翔の瞬間。オスは、鮮やかな橙色をしていています。
ハクセキレイ( Motacilla alba lugens )@豊橋公園
キセキレイに似ていますが黄色い部分が少ない?@葦毛湿原
モズ( Lanius bucephalus )♂ @葦毛湿原。オスのモズは目の周辺に黒い縞があります。
ホオジロ( Emberiza cioides )の囀り@葦毛湿原
カイツブリ( Tachybaptus ruficollis )@葦毛湿原幼鳥のようです。
ヤマラッキョウ( Allium thunbergii )@葦毛湿原。
ヤマラッキョウ( Allium thunbergii )@葦毛湿原。早朝のヤマラッキョウは朝露で濡れています。
ヨメナ( Aster yomena )@葦毛湿原
スイラン( Hololeion krameri )とシラタマホシクサ( Eriocaulon nudicuspe )@葦毛湿原。時期的にほぼ終わりですが、まだ咲いていました。
ヒメアカネ ( Sympetrum parvulum )@葦毛湿原。葦毛湿原には、沢山いましたが、全国的には、絶滅危惧種のようです。 ハッチョウトンボよりは大きいですが、それでも3cmくらいに見えました。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

豊橋のんほいパークにて

ほぼ1年ぶりに「豊橋のんほいパーク」にやってきました。お目当ては、昨年も撮影した渡り蝶アサギマダラです。今年も、いい感じにフジバカマが咲いていて、何頭かのアサギマダラを見ることが出来ました。また、動物園側の一角にある野鳥園に、はじめて寄ってきました。驚いたことに夏鳥、冬鳥、留鳥がいずれも同時に観察できました。

バラ@ 豊橋のんほいパーク
フジバカマ( Eupatorium japonicum )@ 豊橋のんほいパーク
アサギマダラ( Parantica sita )@豊橋のんほいパーク
アサギマダラが2頭見えます。
ヤクシマルリシジミ( Celastrina puspa )@ 豊橋のんほいパーク
ヤクシマルリシジミ( Celastrina puspa )@ 豊橋のんほいパーク
ヤクシマルリシジミ( Celastrina puspa )@ 豊橋のんほいパーク
コマドリ( Erithacus akahige )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。夏鳥をここで見れるとは。絶滅危惧種です。
キビタキ( Ficedula narcissina )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。こちらも夏鳥。
ルリビタキ( Tarsiger cyanurus )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。こちらは冬鳥(実際は高地で夏を過ごし、冬に平地の森に降りてくるといわれるので漂鳥として扱われるようです)。
ジョウビタキ( Phoenicurus auroreus )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。冬鳥。
ウグイス( Horornis diphone )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。こちらは留鳥。
コゲラ( Dendrocopos kizuki )@ 豊橋のんほいパーク。こちらは野鳥園ではなく、パーク内の植物園にいたものです。 留鳥。
のんほいパークにて。♪♪ 音楽は「甘茶の音楽工房」のフリー素材を利用しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする