霜月の花鳥風月

晩秋を迎え、日々、昼の長さが短くなるのを感じます。豊橋にやってきたのが、2003年11月1日ですので、ちょうど16年経ちました。16年目ではじめて豊橋市役所近くの豊橋公園、および公園内にある吉田城跡地に行ってきました。そもそも天守閣は昔からなかったそうで、1954年に三重の鉄櫓(くろがねやぐら)が再建されたそうです。公園内に樹齢数百年を超えていそうな樹木も結構あったので、ヒストリーを感じました。

吉田城の 鉄櫓 @豊橋公園
紅葉(黄葉)してきた豊橋公園の樹木
ジョウビタキ( Phoenicurus auroreus )♂ @豊橋公園。今期野生ではじめて観察できた冬鳥です。
ジョウビタキ( Phoenicurus auroreus )♂ @豊橋公園。 飛翔の瞬間。オスは、鮮やかな橙色をしていています。
ハクセキレイ( Motacilla alba lugens )@豊橋公園
キセキレイに似ていますが黄色い部分が少ない?@葦毛湿原
モズ( Lanius bucephalus )♂ @葦毛湿原。オスのモズは目の周辺に黒い縞があります。
ホオジロ( Emberiza cioides )の囀り@葦毛湿原
カイツブリ( Tachybaptus ruficollis )@葦毛湿原幼鳥のようです。
ヤマラッキョウ( Allium thunbergii )@葦毛湿原。
ヤマラッキョウ( Allium thunbergii )@葦毛湿原。早朝のヤマラッキョウは朝露で濡れています。
ヨメナ( Aster yomena )@葦毛湿原
スイラン( Hololeion krameri )とシラタマホシクサ( Eriocaulon nudicuspe )@葦毛湿原。時期的にほぼ終わりですが、まだ咲いていました。
アキアカネ( Sympetrum frequens )?@葦毛湿原。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

豊橋のんほいパークにて

ほぼ1年ぶりに「豊橋のんほいパーク」にやってきました。お目当ては、昨年も撮影した渡り蝶アサギマダラです。今年も、いい感じにフジバカマが咲いていて、何頭かのアサギマダラを見ることが出来ました。また、動物園側の一角にある野鳥園に、はじめて寄ってきました。驚いたことに夏鳥、冬鳥、留鳥がいずれも同時に観察できました。

バラ@ 豊橋のんほいパーク
フジバカマ( Eupatorium japonicum )@ 豊橋のんほいパーク
アサギマダラ( Parantica sita )@豊橋のんほいパーク
アサギマダラが2頭見えます。
ヤクシマルリシジミ( Celastrina puspa )@ 豊橋のんほいパーク
ヤクシマルリシジミ( Celastrina puspa )@ 豊橋のんほいパーク
ヤクシマルリシジミ( Celastrina puspa )@ 豊橋のんほいパーク
コマドリ( Erithacus akahige )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。夏鳥をここで見れるとは。絶滅危惧種です。
キビタキ( Ficedula narcissina )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。こちらも夏鳥。
ルリビタキ( Tarsiger cyanurus )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。こちらは冬鳥(実際は高地で夏を過ごし、冬に平地の森に降りてくるといわれるので漂鳥として扱われるようです)。
ジョウビタキ( Phoenicurus auroreus )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。冬鳥。
ウグイス( Horornis diphone )@ 豊橋のんほいパーク野鳥園。こちらは留鳥。
コゲラ( Dendrocopos kizuki )@ 豊橋のんほいパーク。こちらは野鳥園ではなく、パーク内の植物園にいたものです。 留鳥。
のんほいパークにて。♪♪ 音楽は「甘茶の音楽工房」のフリー素材を利用しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

東大生産技術研究所での学会参加

10月18日~19日、駒場東大駅から徒歩10分ほどの場所にある生産技術研究所で開催された、電子情報通信学会 PRMU(パターン認識とメディア理解)研究会に、学生と行ってきました。学生の発表は午後4時ごろからでしたが、学会フェローである九州大学の内田教授の記念講演があり、朝から早めに参加しました。噂どおり、非常に面白い話で、Take-homeメッセージの1つに、これだけ表現学習(いろいろな特徴量を、システムが自動的に学習する手法)が流行っている状況であっても、対象(扱っているデータ)の性質のみきわめが大事である、という言葉に、とても共感するものがありました。データ工学研究室の運営者としても、やはり自分が研究対象で扱うデータを、多角度からじっくり観察し、(できるなら五感で)その性質を感じて、それを研究(提案)に活かすことこそが大事である、という自分自身の大学院の専門授業(データサイエンス系の授業)の最初の回に論じていることを再認識させられました。

駒場コンベンションホール。ここでPRMUの口頭発表が行われました。
フェロー記念講演。刺激的なプレゼンでした。
物体検出が含まれる発表は多いですね。
当研究室の学生の発表
東大 生産技術研究所(東京都目黒区駒場)
ランチは、日本近代文学館内のBUNDANで食べました。本棚と書物に取り囲まれた不思議な空間でした。
構内のキンモクセイ( Osmanthus fragrans var. aurantiacus )の香りがすごかったです。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

神無月の花鳥風月

10月というと、秋本番というのが昔の印象でしたが、上旬は、30度を越える日々もあり、まだ残暑という感じです。ただ、ツバメをはじめとする夏鳥は姿を消し、冬鳥が来る前、この時期らしく、真夏は静かだった留鳥たちが、元気に囀りはじめました。

夕焼け空@葦毛湿原。秋の日はつるべ落とし。
ミゾソバ( Polygonum thunbergii )@葦毛湿原
ムカゴニンジン( Sium sisarum auct. non L. )@葦毛湿原、キアゲハの幼虫、さなぎ、成虫も見かけました。この植物が好きなようです。
サワシロギク( Aster rugulosus )@葦毛湿原 。7月ごろまでには、数的に少なかったのですが、9月ごろから徐々に群生化してきたのがわかります。絶滅危惧種です。
シラタマホシクサ( Eriocaulon nudicuspe )@葦毛湿原。9月の写真でもとりあげました。
シラタマホシクサ:クローズアップ
ワレモコウ( Sanguisorba officinalis )@葦毛湿原

サワギキョウ( Lobelia sessilifolia )@葦毛湿原
マアザミ( Cirsium sieboldii )@葦毛湿原
サワシロギク( Aster rugulosus )@葦毛湿原。サワシロギクは枯れる直前にピンク色に変わります。これはこれで美しいと感じます。
スイラン( Hololeion krameri )@葦毛湿原。国内では各地で絶滅危惧種です。
キマダラセセリ( Potanthus flavus )@葦毛湿原。10月に見られるとは、予想外です。
チャバネセセリ( Pelopidas mathias )@葦毛湿原
ヒカゲチョウ( Lethe sicelis )@葦毛湿原
アカボシゴマダラ( Hestina assimilis )@横浜瀬谷市民の森。こちらも10月に成虫が見られるとは思いませんでした。
ウラナミシジミ( Lampides boeticus )@横浜追分市民の森。秋を感じます。
コゲラ( Dendrocopos kizuki )@横浜追分市民の森。夏の間、見つかりませんでしたが、元気な姿を見せてくれました。
コゲラ( Dendrocopos kizuki )@横浜追分市民の森
メスの百舌( Lanius bucephalus )@葦毛湿原。モズもちょっと涼しくなって戻ってきました!
カワセミ( Alcedo atthis )@葦毛湿原。留鳥のカワセミも10月になって戻ってきました。ヨシの向こうで、ちょっと見にくいですが、池ジャンプをしてくれました。
ホシホウジャク(星蜂雀)( Macroglossum pyrrhosticta )@葦毛湿原。Hammingbird hawk moth。ホバリング中。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

研究室BBQ@愛知牧場

毎年恒例、研究室のBBQで愛知牧場に行ってきました。BBQのあと、牧場内を散歩しました。コスモス畑と、動物広場でいろいろ写真をとりました。

コスモス畑で戯れる
コスモスの花にとまるクマバチ
とりあえず、BBQで腹ごしらえ
動物広場にいた、うさぎ
動物広場のうさぎ
うさぎに野菜をあげてみました
ロバ
カテゴリー: 未分類 | コメントする

ICAICTA2019@Yogyakarta

インドネシア・ジョグジャカルタ市で開催されたICAICTA2019国際会議に研究室の学生2名と参加してきました。好天に恵まれました。近郊にある世界遺産である世界最大の仏教寺院ボロブドゥールの遺跡は、迫力がすごかったです。

ICAICTA2019の会場の様子
学会会場のGrand Inna Malioboroホテル
ボロブドゥールの遺跡
ボロブドゥールの遺跡 にあるレリーフ
ボロブドゥールの遺跡から見下ろした風景
コシジロヒヨドリ(インドネシアの留鳥)( Pycnonotus aurigaster
コシジロヒヨドリ ( Pycnonotus aurigaster ) @ホテルの屋根
カテゴリー: 未分類 | コメントする

長月の葦毛湿原

今年9月に撮影した葦毛湿原での自然観察です。

9月になって葦毛湿原にも爽やかな秋風を感じます
白玉星草( Eriocaulon nudicuspe )@葦毛湿原。東海地方(愛知県、静岡県、岐阜県)の湿地帯に固有の植物です。あたり一面の白玉星草を見ると、たまりません。絶滅危惧Ⅱ類です。
白玉星草( Eriocaulon nudicuspe ) @葦毛湿原
木道周辺に群生する白玉星草@葦毛湿原
ワレモコウ( Sanguisorba officinalis )@葦毛湿原
イワショウブ (Triantha japonica) @葦毛湿原、本州の中西部、あるいは日本海側に分布するもので、太平洋側でにある葦毛湿原で見られるのは稀有なことだと思います。絶滅危惧種です。
ミズギボウシ( Hosta longissima )@葦毛湿原
ホザキノミミカキグサ( Utricularia caerulea )@葦毛湿原。絶滅危惧種です。
ミミカキグサ( Utricularia bifida )@葦毛湿原、黄色い花です。多くの都道府県で絶滅危惧種です。東京都、神奈川県、埼玉県では絶滅しています。ピンク色のほうは、ヒメミミカキグサ( Utricularia nipponica )でしょうか?本当なら、こちらは、もっと絶滅危惧種です。
ハンミョウ( Cicindela chinensis japonica )@葦毛湿原。久しぶりの出会いでしたが、驚くほど沢山いました。色彩が鮮やかです。
トノサマガエル( Pelophylax nigromaculatus )@葦毛湿原。準絶滅危惧種
ヤマガラ( Sittiparus varius )@葦毛湿原
カテゴリー: 未分類 | コメントする

FIT2019@岡山大学

第18回情報科学技術フォーラム,通称FIT2019学会で、岡山にやってきました。学生の発表は1件だけでしたが、聞いていて安心できる発表でした。

以前、言語処理学会で岡山にきたときは、岡山城・後楽園・倉敷の美観地区を紹介したので、今回は岡山駅から電車で30数分でふもとの町(備中高梁(びっちゅうたかはし)に行ける、日本一高い場所(臥牛山(がぎゅうざん)の山頂付近)にある山城、「備中松山城」を紹介します。

岡山大学での学生の発表の様子
FITの看板
岡山駅前の桃太郎銅像
岡山駅前の噴水
備中松山城(天空の城)標高478mの臥牛山の山頂付近にある(山城として日本一の高さ)。1240年築城
備中松山城天守閣付近にいたエナガ( Aegithalos caudatus
臥牛山のノグルミ( Platycarya strobilacea )の巨木
臥牛山の 中腹は、モミ( Abies firma )に代表される針葉樹とアラカシ( Quercus glauca )やアベマキ( Quercus variabilis )に代表される広葉樹の混ざる原生林です。
臥牛山の頂上付近から見下ろせる備中高梁市
臥牛山の頂上付近から 見える吉備の山々
臥牛山のふもと付近の湧水の河原に咲いていたタマズダレ( Zephyranthes candida
カテゴリー: 未分類 | コメントする

高松でのISO会議にて

8月26日から30日までISO(国際標準化機構)SC24の総会が高松で行われました。日本で行われるのは2007年の東京会議以来12年ぶりです。ソーシャルイベントでは屋島までバスツアーを行いました。遠隔参加者を含め7カ国から、約30名が参加しました。会議では、3次元のデータ形式のX3D(ISO/IEC 19775, 19776, 19777)やCollada(ISO/PAS 17506 )をはじめ、複合・拡張現実、 Smart Cityなど様々な規格に関する現状報告・今後の予定などが述べられました。また、人工知能の人気を背景に、上記標準の言語結合(インタフェース)に、すでに標準規格化されているJavaなどの著名なプログラム言語に加え、人工知能分野で最もよく用いられるPythonを今後導入することがほぼ決っています。

サンポート高松から望む瀬戸内海(向こうに見える島は女木島)
ISO SC24会議の様子
ISO SC24 ソーシャルイベント(屋島にて)
屋島から望む四国の山々
屋島から望む会議のあったサンポート高松ビル
高松に寄航していた豪華客船ダイヤモンド・プリンセス:背景の山は屋島
高松のシンボル:赤灯台 とその近くを航行するフェリーボート
栗林公園:恋ツツジ(ハート型)
栗林公園のオニバス( Euryale ferox ):絶滅危惧種
栗林公園のコシアキトンボ( Pseudothemis zonata
カテゴリー: 未分類 | コメントする

横浜にて

3連休+お盆休みということで、実家のある横浜に帰りました。みなとみらいに行ったり、近くの市民の森に行ったりして、過ごしました。

パシフィコ横浜
昼間の「みなとみらい」観覧車(コスモクロック21)周辺
夜の観覧車周辺.。「街の灯りがとてもきれいねヨコハマ~ ブルーライト・ヨコハマ~」なんて知らないか。。。
ひまわり( Helianthus annuus )@横浜追分市民の森。
サルスベリ(Lagerstroemia indica) @横浜瀬谷市民の森
キクイモ( Helianthus tuberosus )@横浜瀬谷市民の森
キツネノカミソリ( Lycoris sanguinea )@横浜追分市民の森
ミズヒキ( Persicaria filiformis )@横浜瀬谷市民の森
キンミズヒキ( Agrimonia pilosa var. japonica )@横浜追分市民の森
オニドコロ( Dioscorea tokoro Makino )@横浜追分市民の森
ウラギンシジミ( Curetis acuta paracuta )@横浜追分市民の森
アカボシゴマダラ( Hestina assimilis )@横浜瀬谷市民の森。
サトキマダラヒカゲ( Neope goschkevitschii )@横浜追分市民の森。日本固有種(日本にしかいません)。樹液によく集まります。技科大のクヌギ林周辺でもよく見かけます
樹液にやってきたカブトムシ( Allomyrina dichotoma )(メス)とカナブン( Pseudotorynorrhina japonica )@横浜瀬谷市民の森
ヒグラシ( Tanna japonensis )@横浜瀬谷市民の森
リスアカネ( Sympetrum risi risi )@横浜瀬谷市民の森
ウスバカゲロウ( Distoleon tetragrammicus )@横浜瀬谷市民の森
カテゴリー: 未分類 | コメントする