FIT2017から

FITの季節がやってきました。今年は東大です。自分が学生だった30年以上前と変わらないもの(例 安田講堂、三四郎池)もあれば、すっかりおしゃれになったもの(学内の各種喫茶店、Subwayなどのショップ、コンビニ等)もあります。今回も昨年同様、Deep Learning系のものを中心に公聴しています。東大の某研究室から10件近い発表があり、その研究室のマスターの学生がたまたま(自分が)座長のセッションのヘルパー(ベル係)だったので、セッション開始前に研究室の様子を聞いたところ、研究室のメンバーが40名以上いて、このような学会発表をしないと卒業(修了)できないとのことでした。ワォ~。自分が聞いた(その研究室の学生さんの)発表内容も群を抜いてクオリティが高いなあ、という印象を持ちました。
   一方、自分が座長をしたセッションでは、会場の参加者から質問がぼんぼん飛び出し、(質問が出ない場合にしようと思っていた質問をすることもなく)ありがたいなあ、ためになるなあ、としきりに感じました。毎年、いろいろな発見があり、来てよかったなあ、と思います。

FITの立て看板から
会場の様子
FIT受付のすぐ横にあった工学部2号館内のおしゃれなSubway。
バーベキュー味ポテトがおいしかった。技科大にも欲しいなあ。
昔と変わらない安田講堂
東大赤門。加賀・前田家の大名屋敷の門だったとのこと。
(夏目漱石の小説で有名な)三四郎池
自分はここでしか見たことのないオオモクゲンジ(golden rain tree)の大木。
この時期に黄金色の花が満開になります。
オオモクゲンジ(Koelreuteria bipinnata)の花のcloseup

カテゴリー: 未分類 | コメントする

残暑の京都にて

朝晩、少し涼しくなってきたように感じますが、昼間はまだまだ暑い日が続いています。久しぶりに京都で観光客に一番人気の清水寺へ。清水通でバス停を降り、日なたの夏と日陰の秋を感じつつ、東山の坂道を汗だくになりながら登りました。やはり世界遺産は一見の価値がありますね。何度来ても、いつ来ても京都はいいなあと思います。

子安の塔から見た清水寺(一部改修中でも世界遺産の貫禄を感じます)
着物の人が不自然でないなあ
清水寺にある三重塔


子安の塔は、小粒な三重塔?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

IJCAIに参加して

人工知能の国際会議 IJCAI (International Joint Conference on Artificial Intelligence)にはじめて参加しました。会場はオーストラリア、ビクトリア州の州都メルボルンです。オーストラリアは8月ばかりでシドニーに次いで2回目ですが、南半球なので、季節的には真冬です。論文投稿総数は3000件弱あり、そのうち700件程度が採択されたそうです。したがって採択率は25%程度だったようです。

IJCAI会場付近のヤラ川にかかる橋
IJCAI2017のオープニング
IJCAIのレジストレーション
IJCAIのポスター発表
サザンクロス駅周辺の風景。気温は7度
サザンクロス駅。電車のデザインが斬新。色合いはエヴァ初号機?
メルボルン市内の市電トラム。中心街は無料(嬉!)
宿泊先のらせん階段:Batman Hill’s on Collins。夜は誰かがピアノ弾いてます
ヤラ川のほとり
梅の花が咲き始めていました
本場オーストラリアで見たコアラ (Phascolarctos cinereus)
木にだっこ。寒くなんかないさ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Bali Island (ICAICTA2017)

インドネシアのバンドン工科大学のAyuさん(豊橋技科大の卒業生)の呼びかけで3年前からスタートしたICAICTAですが、4年目にして初めて参加しました。バリ島は観光地ということで、おしゃれなイメージを持っていましたが、ちょっと昭和な感じがして、こちゃごちゃしたカオス感満載でした。

学会のあったGrand Ina Kutaホテル
ICAICTA2017初日の集合写真でワチャワチャと集まる風景
ICAICTA2017初日の集合写真でワチャワチャと集まる風景(その2)
学会の会場から徒歩2分で海辺でした。水着忘れた!
トロピカルな花が咲いてました

宿泊先のホテル。夜は部屋にいた昆虫と格闘
これでもホテルの前の道です。実家の前と道路の広さ変わんないなあ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

USA東海岸の街で

90年代前半4年弱ニューヨーク州に留学していたとき以来、本当に久しぶりに、USA東海岸の街、アーリントン(ワシントンDCの近く)に一週間ほど、滞在する機会がありました。毎年夏のISOの仕事がらみです。最近日本人は米国に入国しにくいのでは?と懸念していましたが、そんなことはなく、immigration officer(入国審査官)の担当者から、「日本に行くならいつ頃がおすすめですか?」と予想外の質問をされ、思わず笑顔になってしまいました。街行く人々も、とても親切で気さくな人たちばかりで、なぜかfeel at homeと感じられました。

Arlingtonの街並み。セブンイレブンがあります。Nanacoは使えません(笑)。よく見るとわかると思いますが、街並みの美観を保つため、電信柱とか電線のような見た目に美観を損ねるものは、USAの大抵の街にはありません。地下に埋められています。
ISO会議のあったバージニア工科大学リサーチセンター。
ISO/IEC JTC 1/SC 24のメンバーの集合写真。
ポトマック川から望むリンカーン記念館とワシントン記念碑。
ポトマック川の夕日。大河の流れをずっと見ていて、なぜかふと、感傷に浸りました。空を眺めるのも好きですが、川の流れを眺めるのもいいもんですね。いろいろ考えさせられます。方丈記だったり、デカルト哲学だったり。I think therefore I am.
ワシントン記念碑(夜景)。この奥にホワイトハウスがあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Mighty Beetles

豊橋で「真夏」を感じるのは、豊橋祇園祭での吉田神社の手筒花火だ、という人もいますが、
やはり、技科大で野生のカブトムシが樹液にたかっているのを確認できたときです。
今年も技科大で見られました。来てくれてありがとう! 自然のパワーを感じます。

夏の青空。寝っころがってずっと見ていたいです。
ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)。技科大構内。
ヤマトシジミ。時習館高校。上の写真と斑点模様や目の色が違っていて面白いです。
カブトムシ(Allomyrina dichotoma)とカナブン。技科大構内。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

一杯のコーヒーがおいしい

暑い夏を迎え、技科大周辺の朝の散歩でも、汗だくになる季節となりました。散歩のあとのコーヒー一杯がとてもおいしいです。

ムクゲ(Hibiscus syriacus)。技科大周辺道路。この花を見ると夏だなあと感じます。
クヌギの樹液に集まるカナブン(Rhomborrhina japonica)。中央にいるのはマダラアシゾウムシ(Ectatorhinus adamsii)。技科大構内。
クサイチゴ(Rubus hirsutus)の実。技科大構内。
ハマユウ(Crinum asiaticum)。時習館高校付近
アフリカハマユウ(Crinum bulbispermum)。時習館高校付近。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

撫子を探して…

秋の七草を探し始めてから、まだ、女郎花と撫子に出会えずにいました。そんななか、なんと6月のこの時期に、故郷の倉敷で思いがけず、日本古来の河原撫子(Dianthus superbus L.)にやっと出会うことができました。happy surpriseでした。

倉敷駅(Manacaが使えてほっと…)
カワラナデシコ(Dianthus superbus L.)。ピンクの線状の花びらが素敵です。
いろいろな方向に向いている花びらもまたいいです。
クチナシ(Gardenia jasminoides)の花。独特な香りがします。

かわせみ(Alcedo atthis)。豊橋では高師緑地で見たことがあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

山の畑の桑の実を…♪

桑(Mulberry, 学名 Morus alba)の実を見ると、童謡に出てくる「山の畑の桑の実を~♪」という歌を思い出します。知っている人は知っていると思いますが、この実、とくに黒く熟した実は甘くて、ブルーベリーより美味しいです。鳥たちはそのことを知っているので、桑の木に群がって飛来してきます。昔は、養蚕業が全国で行われていて、あちこちで桑を見かけましたが、最近は稀です。そういえば、かつては学研の「科学と学習」という雑誌シリーズの付録に蚕の繭【本物】が付いて送られてきていました。絹織物の原料はこれなんだ、と関心したものです。


高師緑地の桑の実(Mulberry, 学名 Morus alba)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小さな贅沢

だいたい6時半ごろ、車で技科大にやってくると、ほぼ毎日すれ違うのがヤマザキパンのトラックです。技科大のある豊橋市のほぼ南端にある大学まで、毎朝パンを運びに来てくれてることに感動を覚えます。それを知ってか知らでか、学内にある売店(デイリーヤマザキ)には、職員証をPasmoやManacaのようにプリペードカードとして買い物ができる便利さもあり、時々ブランチ用にパンを求めて店に吸い込まれていきます。今日も、自分の授業の前に吸い込まれるように入ってしまいました。すると、な、なんと、「本日6月1日から発売で~す」と、新しいパンを発見。「ゆず胡椒入りつくねパン」(正確な名前は違うかも?)を手に、これだけじゃ、さびしいということで、「くるみパン」と「グリーンスムージー」を買って、ちょっと贅沢なブランチを食べて至福の時間を過ごしてしまいました。これって罪でしょうか?

ぴりりと「からし」の効いた「ゆず胡椒入りつくねパン」【右】、くるみパン【左手前】と、グリーンスムージー【奥】

カテゴリー: 未分類 | コメントする