高松でのISO会議にて

8月26日から30日までISO(国際標準化機構)SC24の総会が高松で行われました。日本で行われるのは2007年の東京会議以来12年ぶりです。ソーシャルイベントでは屋島までバスツアーを行いました。遠隔参加者を含め7カ国から、約30名が参加しました。会議では、3次元のデータ形式のX3D(ISO/IEC 19775, 19776, 19777)やCollada(ISO/PAS 17506 )をはじめ、複合・拡張現実、 Smart Cityなど様々な規格に関する現状報告・今後の予定などが述べられました。また、人工知能の人気を背景に、上記標準の言語結合(インタフェース)に、すでに標準規格化されているJavaなどの著名なプログラム言語に加え、人工知能分野で最もよく用いられるPythonを今後導入することがほぼ決っています。

サンポート高松から望む瀬戸内海(向こうに見える島は女木島)
ISO SC24会議の様子
ISO SC24 ソーシャルイベント(屋島にて)
屋島から望む四国の山々
屋島から望む会議のあったサンポート高松ビル
高松に寄航していた豪華客船ダイヤモンド・プリンセス:背景の山は屋島
高松のシンボル:赤灯台 とその近くを航行するフェリーボート
栗林公園:恋ツツジ(ハート型)
栗林公園のオニバス( Euryale ferox ):絶滅危惧種
栗林公園のコシアキトンボ( Pseudothemis zonata
カテゴリー: 未分類 | コメントする

横浜にて

3連休+お盆休みということで、実家のある横浜に帰りました。みなとみらいに行ったり、近くの市民の森に行ったりして、過ごしました。

パシフィコ横浜
昼間の「みなとみらい」観覧車(コスモクロック21)周辺
夜の観覧車周辺.。「街の灯りがとてもきれいねヨコハマ~ ブルーライト・ヨコハマ~」なんて知らないか。。。
ひまわり( Helianthus annuus )@横浜追分市民の森。
サルスベリ(Lagerstroemia indica) @横浜瀬谷市民の森
キクイモ( Helianthus tuberosus )@横浜瀬谷市民の森
キツネノカミソリ( Lycoris sanguinea )@横浜追分市民の森
ミズヒキ( Persicaria filiformis )@横浜瀬谷市民の森
キンミズヒキ( Agrimonia pilosa var. japonica )@横浜追分市民の森
オニドコロ( Dioscorea tokoro Makino )@横浜追分市民の森
ウラギンシジミ( Curetis acuta paracuta )@横浜追分市民の森
アカボシゴマダラ( Hestina assimilis )@横浜瀬谷市民の森。
サトキマダラヒカゲ( Neope goschkevitschii )@横浜追分市民の森。日本固有種(日本にしかいません)。樹液によく集まります。技科大のクヌギ林周辺でもよく見かけます
樹液にやってきたカブトムシ( Allomyrina dichotoma )(メス)とカナブン( Pseudotorynorrhina japonica )@横浜瀬谷市民の森
ヒグラシ( Tanna japonensis )@横浜瀬谷市民の森
リスアカネ( Sympetrum risi risi )@横浜瀬谷市民の森
ウスバカゲロウ( Distoleon tetragrammicus )@横浜瀬谷市民の森
カテゴリー: 未分類 | コメントする

きららの森(愛知県段戸裏谷原生林)にて

豊橋は猛暑なので、多少なりとも涼を求めて、5月以来、久しぶりに、きららの森(段戸裏谷原生林:標高900m)に行きました。早朝に出発したこともあり、豊橋から90分程度で着きました。到着時の気温は26度と、かなり涼しかったです。5月に沢山いたバードウォッチャーは、ほぼゼロで、とても静かな佇まいでした。自分は景観、植物、鳥、虫などいろいろ撮影したかったので、とにもかくにも、段戸湖をはじめ、いろいろな景観の撮影からスタートです。

きららの森。段戸湖。
きららの森の小川。あちこちに、こんな小川があります。いずれも湧水だそうです。
ミズナラ( Quercus crispula Blume ) 。国内では緯度の高いところか、自然豊かな山地にしかないそうです。
ブナ( Fagus crenata Blume ) 。 成熟したブナの樹皮のなんとも言えないテクスチャーがたまりません。
ブナ( Fagus crenata Blume ) 。 5月の新緑のブナもよかったですが、夏の青々したブナもいいですね。世界自然遺産の白神山地がそうであるように、自然保護の象徴なので、ブナの巨木を見ると、とても神聖な気持ちになります。
リョウブ( Clethra barbinervis )。光のあたり方によって、白かったり。黄色っぽく見える場合もあります。
センニンコウ( Clematis terniflora DC
きららの森の小川。
カワセミ( Alcedo atthis ) 。猛暑の豊橋と違って、こちらのカワセミは真夏でも快適に過ごしている感じがします。
ヤブサメ( Urosphena squameiceps )もしくは、センダイムシクイ( Phylloscopus coronatus )?。クマザサでちょっと見えにくいです。いずれにしても8月に出会えた夏鳥です。
モノサシトンボ( Copera annulata ) ?
カテゴリー: 未分類 | コメントする

万葉の森公園にて

新元号「令和」が万葉集から採用されたということで、以前から行ってみたかった、浜松にある万葉の森公園に行ってきました。名前からも日本固有の植物があると期待していましたが、期待通りで、ススキ、クズを除く秋の七草を観察することができました。かつての日本の山野の姿を愛で、公園として残してくれていることに感謝。豊橋への帰途の道中で、海岸沿いの中田島砂丘にも寄ってきました。うす曇で、砂丘では風も強かったので、気温は高かったものの結構気持ちよかったです。

万葉の森公園入口の石碑
オミナエシ( Patrinia scabiosifolia
オミナエシ( Patrinia scabiosifolia
キキョウ( Platycodon grandiflorus
ピンクのカワラナデシコ( Dianthus superbus L.
var. longicalycinus (Maxim.) Williams )
白いカワラナデシコ( Dianthus superbus L.
var. longicalycinus (Maxim.) Williams )
ハギ(ヤマハギ)( Lespedeza bicolor
フジバカマ( Eupatorium japonicum )まだつぼみでした。
ヒオウギ( Iris domestica
ヒオウギ( Iris domestica
オニユリ( Lilium lancifolium )
セリ( Oenanthe javanica )。セリは春の七草ですが、花は今頃咲きます。
ハグロトンボ( Calopteryx atrata
中田島砂丘入口の石碑
中田島砂丘の風景(その1) 砂丘のあちこちに池(湿地)があります。
中田島砂丘の風景(その2) 。こちらも別の湿地です。
中田島砂丘から太平洋を望む。砂丘の入り口から、丘を登りきるとやっと太平洋が見えてきます。珍しく波は静かでした。
ハマニガナ( Ixeris repens
カワラハンミョウ( Cicindela laetescripta )絶滅危惧種(愛知県では絶滅したと推察されています。全国的にも、ほぼ絶滅状態にある昆虫で、出会えるだけで奇跡だと感じます)
カワラハンミョウ( Cicindela laetescripta
カワラハンミョウ( Cicindela laetescripta
カテゴリー: 未分類 | コメントする

文月の花鳥風月

7月になり、花や虫や鳥の姿も、いよいよ夏らしさを増してきているように感じます。葉が覆い茂ってくると、樹木にとまる小鳥を見つけるのも、とても難しくなります。それでも、囀りや飛翔する姿を頼りに、時々、思いがけなく出会うと嬉しくなります。虫たちは、逆に、目の前に出てきてくれることも多くなり、短い夏を一生懸命生きている姿に、見とれることもしばしばです。

サワシロギク( Aster rugulosus )@葦毛湿原。全国的には、絶滅危惧種です。Wikipediaには、なんと葦毛湿原の画像があります。
ミカヅキグサ( Rhynchospora alba )@葦毛湿原
アキノタムラソウ(Salvia japonica)?@横浜追分市民の森
ヤブミョウガ(Pollia japonica)@横浜追分市民の森
ノリウツギ( Hydrangea paniculata )@葦毛湿原
ノカンゾウ( Hemerocallis longituba )@葦毛湿原
ノカンゾウ( Hemerocallis longituba )@葦毛湿原
サワヒヨドリ( Eupatorium lindleyanum )@葦毛湿原
オカトラノオ( Lysimachia clethroides )@葦毛湿原
サギソウ( Pecteilis radiata )@葦毛湿原、絶滅危惧種です。
サギソウ( Pecteilis radiata )@葦毛湿原
ミズギク( Inula ciliaris ) @葦毛湿原、湿原に咲く日本固有種です。
カワセミ( Alcedo atthis )@葦毛湿原 (長尾池)。カワセミは留鳥ですが、夏は見つけにくいです。
ヤマセミ( Megaceryle lugubris )@愛知県新城市朝霧湖。こちらも留鳥です。
夏鳥の代表、キビタキ( Ficedula narcissina )の囀り@葦毛湿原
長尾池周辺の枝にとまるカワセミ。なんとなく、動作に愛嬌を感じます。
ツマグロヒョウモン(メス)( Argyreus hyperbius )@葦毛湿原
ダイミョウセセリ(Daimio tethys)@横浜瀬谷市民の森
コチャバネセセリ( Thoressa varia )@葦毛湿原
カラスアゲハ( Papilio dehaanii )@葦毛湿原
ベニカミキリ( Purpuricenus temminckii ) @葦毛湿原
ビロウドカミキリ( Acalolepta fraudatrix )?@横浜追分市民の森
ノリウツギの花にやってきたアカハナカミキリ( Corymbia succedanea )@葦毛湿原
コウヤホソハナカミキリ( Strangalia koyaensis )@葦毛湿原
セマダラコガネ( Anomala orientalis )@葦毛湿原
ミルンヤンマ( Planaeschna milnei )?それともオニヤンマ( Anotogaster sieboldii )?@葦毛湿原
カテゴリー: 未分類 | コメントする

梅雨時の豊橋の景色

湿度の高い梅雨の季節です。たまに晴れると、山の景色がまばゆく、生物がぱ~っと出現して、短い晴れ間を有効に使っているように感じます。そんな姿を幾つか紹介したいと思います。

ガクが八重の珍しいガクアジサイ( Hydrangea macrophylla f.normalis )。素敵です。
葦毛湿原のトキソウ( Pogonia japonica )。準絶滅危惧種です。
梅雨の晴れ間の葦毛湿原。晴れると日差しが眩しいですが、時々吹く、そよ風がとても気持ちいいです。
梅雨の晴れ間の葦毛湿原の木道
葦毛湿原のオオチャバネセセリ( Polytremis pellucida )
国内最小のトンボであるハッチョウトンボ( Nannophya pygmaea )。大きさは1円玉くらしかありません。湿地で、じっとしています。湿地がなくなれば絶滅するしかないといわれています。
ハッチョウトンボ(オス)
ニホンアマガエル( Hyla japonica )
ラミーカミキリ( Paraglenea fortunei )@ 豊橋市嵩山 (すせ)自然歩道
ラミー(Ramie)(カラムシ( Boehmeria nivea var. nipononivea ))の葉上のラミーカミキリ(豊橋市嵩山町)
ツモグロヒョウモン( Argyreus hyperbius )(オス)@ 葦毛湿原
カテゴリー: 未分類 | コメントする

技科大の果実とボウリングの季節?

技科大では、この時期、ヤマモモの赤い果実が学内のあちこちに見られます。これは食べられます。ということで、今年はちょっといただいてみました。すっぱさもありますが、とても美味しいです。意外と知られていないような気がします。また、タブノキの丸い緑の実もなっています。こちらも実は食べられます!アボガドのような味です。

さて、毎年、この時期、研究室でボウリング大会を行っています。ことしは、昨年に続きROUND1で行いました。楽しかったです。

技科大に沢山あるヤマモモ( Morella rubra )と、その実(おいしいっす!)
技科大のタブノキ( Machilus thunbergii )とその実
豊橋駅のコーヒーショップにて。クリームがハート型?
ボウリング場にて(その1)
ボウリング場にて(その2)
ボウリング場にて(その3)
月のクレーター(コンデジで撮影)
カテゴリー: 未分類 | コメントする

水無月の花鳥風月

植物、野鳥、昆虫などの写真を撮り続けていますが、昼の時間が一番長いこの時期は、見頃となる生物の種類が多く、ワクワクします。基本的に「追っかけ」ているのは、外来種ではなく、古くから日本にいる固有種です。葦毛湿原では、いつのまにか、管理人の人からも声をかけられるようになってきました。花鳥風月シリーズは今後も続けていきたいと考えています。

ヒメヒカゲ( Coenonympha oedippus annulifer )
アカシジミ( Japonica lutea
ウラナミアカシジミ( Japonica saepestriata Hewitson
サンコウチョウ( Terpsiphone atrocaudata )。キビタキとともに、暗いところを好む夏鳥です。オスは尾が長く、飛翔する姿が格好いいです。鳴き声も独特で、とても愛らしいです。
ササユリ( Lilium japonicum )
クロミノニシゴリ( Symplocos paniculata )
湿原に自生するバイケイソウ( Veratrum album )
バイケイソウの花(クローズアップ)
ノハナショウブ( Iris ensata )
モウセンゴケ( Drosera rotundifolia )
トウカイモウセンゴケ( Drosera tokaiensis )
河原撫子( Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) F.N.Williams )(秋の七草ですが、咲いています)
テングチョウの群れ( Libythea celtis
ハンカイソウ( Ligularia japonica )の蜜を吸うモンキアゲハ( Papilio helenus )
絶滅危惧種IAに指定されているヒメヒカゲ( Coenonympha oedippus annulifer(Butler) )
カテゴリー: 未分類 | コメントする

初夏の植物、夏鳥に出会う

風薫る5月、週末はできるだけ豊橋の郊外の山野に出かけています。この時期でないと出会えない植物や夏鳥に接しては、幸せな気持ちに浸る今日この頃です。

葦毛湿原のカザグルマ( Clematis patens )
葦毛湿原のガマズミ( Viburnum dilatatum )
きららの森のオオカメノキ( Viburnum furcatum )
きららの森のブナ( Fagus crenata Blume )
ブナの樹皮
きららの森を流れる清流
きららの森のキセキレイ( Motacilla cinerea )。これは夏鳥ではなく留鳥。
キセキレイ(後姿)
葦毛湿原で出会った夏鳥のキビタキ( Ficedula narcissina )
キビタキの横顔。森の中、綺麗で甲高い囀りが響き渡ります。でも、見つけるのはとても大変な小鳥です。基本、wild goose chaseですね(笑)。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

朝霧湖にて

豊橋から車で1時間ほどで行ける愛知県新城市の朝霧湖に、早朝行ってきました。名前のとおり、朝霧がありましたが、とても美しい風景でした。豊橋の水を管理する豊川の水源地のひとつでもあり、水の大切さを感じました。

朝霧湖(大島ダム貯水湖)
山を見渡すと朝もやが
朝霧湖のヤマセミ( Megaceryle lugubris )
ヤマセミ(目がかわいいです)
ヤマセミ( 尾羽を動かしていました)
カテゴリー: 未分類 | コメントする