2022 皐月の自然観察

今年の5月は、まぶしい新緑のゴールデンウイークではじまったものの、その後、梅雨の走りのような、どんよりとした日が多く例年に比べ日照時間が少ないように感じます。晴れた日は、日中汗ばむくらいの気温になったりしますが、朝晩の気温が比較的低いので、体感的には爽やかな日々が多いなあと感じています。

ミズバショウ水芭蕉Lysichiton camtschatcensis )@信濃
ナツハゼ(夏櫨、 Vaccinium oldhamii)@葦毛湿原
トキソウ(朱鷺草、鴇草、Pogonia japonica )@葦毛湿原
コアジサシ(小鯵刺、Sterna albifrons)@東三河
コアジサシ(小鯵刺、Sterna albifrons)@東三河
ノジコ(野路子、野地子、Emberiza sulphurata)@信濃。ノジコは日本でのみ繁殖する夏鳥だそうです。愛知県ではかつて茶臼山周辺にいた(あるいは今もいる?)そうですが、これまで見たことはありません。
ノジコ(野路子、野地子、Emberiza sulphurata)@信濃
ニュウナイスズメ(入内雀、Passer rutilans)@信濃
キバシリ(木走、Certhia familiaris)@信濃
キバシリ(木走、Certhia familiaris)@信濃
コサメビタキ(小鮫鶲、Muscicapa dauurica)@信濃
コサメビタキ(小鮫鶲、Muscicapa dauurica)@信濃
キビタキ(黄鶲、Ficedula narcissina)@葦毛湿原
キビタキ(黄鶲、Ficedula narcissina)@信濃
カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)@信濃
カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)@信濃
アカハラ(赤腹、Turdus chrysolaus)@信濃
ミソサザイ(鷦鷯、Troglodytes troglodytes )@東三河
オナガ尾長Cyanopica cyanus)@相模、かつて日本全土にいたオナガですが、いつからか、西日本からは、まったく姿を消したそうです。当然、豊橋にもいません。
オナガ尾長Cyanopica cyanus)@相模
オオルリ(大瑠璃、Cyanoptila cyanomelana)@東三河

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください