ひといきつきながら

春というより夏に近い暑さがしばらく続きました。それでも朝晩の気温が15度前後まで下がるので、ちょうどいいなあと感じる季節です。晴れた日に、近所の公園や林や森に出かけ、花や蝶を見つけては、「まだまだ都会の片隅にも自然は残っているぞ」と、ほっと「ひといきつきながら」、気持ちいい風を肌に感じる今日この頃です。

トベラ(Pittosporum tobira)の蜜を吸いに来たアオスジアゲハ
(Graphium sarpedon)(技科大)
ナナホシテントウ(Coccinella septempunctata)
森に群生するホウチャクソウ(Disporum sessile)
森にひっそりと咲くフタリシズカ(Chloranthus serratus)

ジャーマンアイリス(Iris germanica)
カナメモチ(Photinia glabra)
ミズキ(Cornus controversa)
コジャノメ(Mycalesis francisca)
笹の葉で羽を休めるアゲハ蝶(Papilio xuthus)
ムラサキツユクサ(Tradescantia ohiensis)
クロジ(雌)(Emberiza variabilis)
森の小道に2匹の猫ちゃん現れる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*