初夏の植物、夏鳥に出会う

風薫る5月、週末はできるだけ豊橋の郊外の山野に出かけています。この時期でないと出会えない植物や夏鳥に接しては、幸せな気持ちに浸る今日この頃です。

葦毛湿原のカザグルマ( Clematis patens )
葦毛湿原のガマズミ( Viburnum dilatatum )
きららの森のオオカメノキ( Viburnum furcatum )
きららの森のブナ( Fagus crenata Blume )
ブナの樹皮
きららの森を流れる清流
きららの森のキセキレイ( Motacilla cinerea )。これは夏鳥ではなく留鳥。
キセキレイ(後姿)
葦毛湿原で出会った夏鳥のキビタキ( Ficedula narcissina )
キビタキの横顔。森の中、綺麗で甲高い囀りが響き渡ります。でも、見つけるのはとても大変な小鳥です。基本、wild goose chaseですね(笑)。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください