春の花は秋の実りに…

技科大の春の花の続報です。構内に「桃」があることも珍しい大学だと思いますが、実は「かりん」(Pseudocydonia sinensis)もあります。秋には緑色のかりんの実がなります。派手な花ではないですが、秋(10月)になると、それはそれは大きなかりんの実がなります。また、技科大南駐車場付近では「あけび」(Akebia quinata)の花があちこちで満開です。こちらも秋には、大きな果実になり、果肉はゼリー状で甘い味がします。花を「目標」にたとえると、そのうちほんの数%が秋に実を結ぶので、「結果がでる」ものは、いろいろな必然(花の香りなどで誘引)と偶然(みつばちなどの受粉)の不思議な組み合わせなのでしょう。研究も似たところがあります。

技科大構内のかりんの花(Pseudocydonia sinensis)
10月には、かりんの果実が観察されます(2016年10月撮影)

技科大南駐車場付近のあけびの花(Akebia quinata)

10月には、あけびの果実が観察されます(2016年10月撮影)
この4月から新装オープンした技科大の図書館です

以下おまけです。

技科大のうぐいす(再生ではボリュームを小さくしてください)

技科大のホトトギス(けたたましい鳴き声のため、ボリュームをかなり小さくしてください)

え?俳句?しょうがないなあ。では一句。

技科大に 春を告げるよ ホトトギス

平凡すぎ? ごめんなさい。じゃ、もう少し。

ホトトギス 毎年来てね これからも

できるなら 一緒に泣(鳴)こう ホトトギス

ホトトギス 元気ください 少しだけ

連れてって 空の散歩に ホトトギス

その声を フーリエ変換 ホトトギス(字余り)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください