東日本大震災について

この度、東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました方々に、心よりお見舞い申し上げます。現在の研究室の学生、ならびに当研究室の卒業生にも被災地域の出身者がおりますが、研究室一同、心を痛めております。一刻も早い回復を望んでおります。

いまなお、刻々と変化する福島原発周辺の放射線のデータや震災で孤立・避難している人々のニュースを見聞きするたびに、知識データ工学研究室(Knowledge Data Engineering Laboratory)としては、正確な「データ」の開示、分析、予測がいかに大事であるかを痛感しており、今後とも、膨大なデータに対するマイニング、検索などの実用的な研究を益々重点的に研究していく所存です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください