研究業績

  • 著書
    • Masaki Aono and Mei Kobayashi, “Text Document Cluster Analysis Through Visualization of 3D Projections”, pp.271-291, in a book ‘Studies in Big Data: Data Mining for Service’, Volume 3, K. Yada ed. Springer Verlag, ISBN: 978-3-642-45251-2, 2014.
    • Hanif Seddiqui and Masaki Aono, “Ontology Instance Matching Based MPEG-7 Resource Integration”, Chapter9, in a book ‘Methods and Innovations for Multimedia Database Content Management’, S.C. Chen and M-L. Shyu eds, IGI Global, ISBN: 978-1466617919, 2012.
    • M. Kobayashi and M. Aono, “Vector Space Models for Search and Cluster Mining”, (renewed from 2004 version) pp.109-127, Chapter 6 in a book ‘Survey of Text Mining’, Michael W. Berry and Malu Castellanos eds. Springer Verlag, ISBN: 978-1-84800-045-2, 2008.
    • M. Kobayashi and M. Aono, “Vector Space Models for Search and Cluster Mining”, pp.103-122, Chapter 5 in a book ‘Survey of Text Mining’, Michael W. Berry ed. Springer Verlag, ISBN: 0-387-95563-1, 2004.
    • 青野雅樹、 「Javaで学ぶコンピュータグラフィックス」、 例題(無料ダウンロード可)、オーム社、ISBN: 4-274-07941-4, 2002
    • 青野雅樹、「VRMLの規格」pp.40-43 「デジタルメディア規格ハンドブック」、オーム社、1998
  • 国際雑誌・論文誌 (International Journal, Domestic Journal)
    • Abu Nowshed Chy, Md Zia Ullah and Masaki Aono, Microblog Retrieval Using Ensemble of Feature Sets through Supervised Feature Selection, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E-100-D, No.4, pp.793-806, 2017, DOI:http://dx.doi.org/10.1587/transinf.2016DAP0032
    • Md Zia Ullah and Masaki Aono, A Bipartite Graph-based Ranking Approach to Query Subtopics Diversification Focused on Word Embedding Features, IEICE Transactions on Information and Systems, pp. 3090-3099, Vol. E99-D, No.12, 2016, DOI:http://dx.doi.org/10.1587/transinf.2016EDP7190
    • D.Pickup, X.Sun, P.L.Rosin, R.R.Martin, Z.Cheng, Z.Lian, Masaki Aono, A. Ben Hamza, A.Bronstein, M.Bronstein, S.Bu, U. Castellani, S.Cheng, V.Garro, A.Giachetti, A.Godil1, L.Isaia, J.Han, H.Johan, L.Lai, B.Li, C.Li, H.Li, R.Litman, X.Liu, Z.Liu, Y.Lu, L.Sun, G.Tam, A. Tatsuma, J.Ye, Shape Retrieval of Non-rigid 3D Human Models, International Journal of Computer Vision, Volume 120, Issue 2, pp. 169-193, Springer Verlag, 2016, DOI:http://dx.doi.org/10.1007/s11263-016-0903-8
    • Atsushi Tatsuma and Masaki Aono, Food Image Recognition using Covariance of Convolutional Layer Feature Maps, IEICE Transactions on Information and Systems, The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, Vol.E99-D, No.6, pp.1711-1715,2016, DOI:http://dx.doi.org/10.1587/transinf.2015EDL8212
    • S. Biasotti, A. Cerri, Masaki Aono, A. Ben Hamza, V. Garro, A. Giachetti, D. Giorgi, A. Godil, C. Li , Chika Sanada, M. Spagnuolo, Atsushi Tatsuma, S. Velasco-Forero, Retrieval and classification methods for textured 3D models: A comparative study, Visual Computer, Vol. 32, Issue 2, pp.217-241, Springer, 2016, DOI:http://dx.doi.org/10.1007/s00371-015-1146-3
    • Md Zia Ullah, Masaki Aono, Md Hanif Seddiqui, Estimating a Ranked List of Human Genetic Diseases by Associating Phenotype-Gene with Gene-Disease Bipartite Graphs, ACM Transactions on Intelligent Systems and Technology,Vol.6, No.4, pp.56:1-21, 2015, DOI:http://dx.doi.org/10.1145/2700487
    • Bo Li, Y. Lu, C. Li, A. Godil, T. Schreck, Masaki Aono, M. Burtscher, Q. Chen, Nihad Karim Chowdhury, B. Fang, H. Fu, T. Furuya, H. Li, J. Liu, H. Johan, Ryuichi Kosaka, Hitoshi Koyanagi, R. Ohbuchi, Atsushi Tatsuma, Y. Wan, C.i Zhang, C. Zou, A comparison of 3D shape retrieval methods based on a large-scale benchmark supporting multimodal queries, Computer Vision and Image Understanding,Elsevier, vol.131, 2015, pp.1-27, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cviu.2014.10.006
    • Alena Neviarouskaya, Masaki Aono, Helmut Prendinger, and Mitsuru Ishizuka, Intelligent Interface for Textual Attitude Analysis, ACM Transactions on Intelligent Systems and Technology,Vol.5, No.3, pp.48:1-48:20, 2014, DOI:http://dx.doi.org/10.1145/2535912
    • Alena Neviarouskaya, Masaki Aono, Sentiment Word Relations with Affect, Judgment, and Appreciation, IEEE Transaction on Affective Computing,Vol.4, No.4, pp.425-438, 2013, DOI: 10.1109/T-AFFC.2013.31
    • 立間淳司, 青野雅樹, 多視点画像の局所的な特徴の相関に基づく三次元物体の形状類似検索, 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌),Vol.25, No.1, pp.556-567, 2013, ONLINE ISSN: 1881-7203, PRINT ISSN: 1347-7986, DOI: http://dx.doi.org/10.3156/jsoft.25.556, JOI: DN/JST.JSTAGE/jsoft/25.556, PDF
    • 立間淳司, 青野雅樹, ボクセル空間の重複分解により空間的特徴を捉えた特徴量を用いた三次元物体の形状類似検索, 電子情報通信学会論文誌,Vol.J95-D,No.12,pp.2090-2101,2012, ISSN: 1880-4535, NDL: 024135280, NAID: 110009553851
    • 立間淳司, 青野雅樹, 大域的なデータ分布を考慮したカーネル密度関数による外れ値検出, DBSJ Journal, Vol.11, No.1, pp.61-66, June, 2012, PDF
    • Rudra Pratap Deb Nath, Nihad Karim Chowdhury, Masaki Aono, A Naive Clustering Approach in Travel Time Prediction, International Journal of Data Engineering, Vol. 2. No.2, 13pp., 2011, PDF
    • Rozilawati binti Dollar, Masaki Aono, Ontology based Approach for Classifying Biomedical Text Abstracts, International Journal of Data Engineering, Vol.2, No.1, 15pp. 2011, PDF
    • Md. Hanif Seddiqui, Masaki Aono, Ontology Instance Matching Based MPEG-7 Resource Integration, International Journal of Multimedia Data Engineering and Management, IGI Publishing, Hershey PA, USA, Vol.1, No.2, pp.18-33, 2010, DOI: 10.4018/jmdem.2010040102, ISBN: 978-0-7695-3800-6
    • 立間淳司, 仲野将, 青野雅樹, 線形拡散射影と三次元物体の形状類似検索への応用, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-D, No.8, pp.1590-1601, 2010, ISSN: 1880-4535, NDL: 10798923, NAID: 110007681695
    • Md. Hanif Seddiqui, Masaki Aono, An efficient and scalable algorithm for segmented alignment of ontologies of arbitrary size, Journal of Web Semantics: Science, Services and Agents on the World Wide Web, Elsevier, Vol. 7, No.4, pp.344-356, 2009,DOI:10.1016/j.websem.2009.09.001
    • Atsushi Tatsuma, Masaki Aono, Multi-Fourier spectra descriptor and augmentation with spectral clustering for 3D shape retrieval, Visual Computer, Springer Verlag, Vol. 25, No.8, pp.785-804, 2009, DOI:10.1007/s00371-008-0304-2
    • 北村順平, 青野雅樹, ウェブサイト間の類似度を用いたウェブスパムの検出, DBSJ Journal, Vol.8, No.1, pp.143-148, 2009, PDF
    • Yohei Seki, Noriko Kando, Masaki Aono, Multilingual opinion holder identification using author and authority viewpoints, Information Processing and Management, Vol.45, No.2, Elsevier, pp.189-199, 2009, DOI:10.1016/j.ipm.2008.11.004
    • 立間淳司, 青野雅樹, 多様体ランキングを用いた三次元物体の形状類似検索, 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.10, pp.3670-3681, 2008, ISSN: 03875806, NAID: 110007970253
    • 杉山典之, 関洋平, 青野雅樹, ユーザのタグ付けの傾向を利用したソーシャルブックマーク内の関連ページ検索手法, DBSJ Journal, Vol.7, No.1, pp.239-244, 2008, PDF
    • 立間淳司, 関洋平, 青野雅樹, 大渕竜太郎, 多重フーリエスペクトル表現に基づく3次元モデルの形状類似検索, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J91-D, No.1, pp.23-36, 2008, ISSN: 1880-4535, NDL: 9327946, NAID: 110007380898
    • Mei Kobayashi, Masaki Aono. Exploring overlapping clusters using dynamic re-scaling and sampling, Knowledge and Information Systems, Vol.10, No. 3, pp. 295-313, October, 2006, ISSN: 0219-1377, DOI:10.1007/s10115-006-0005-y
    • Mei Kobayashi, Masaki Aono, Hironori Takeuchi, Hikaru Samukawa, Matrix computations for information retrieval and major and minor outlier cluster detection, Journal of Computational and Applied Mathematics, Vol.149, No.1-1, 119-129, 2002, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S0377-0427(02)00524-1
    • Masaki Aono, David Breen, and Michael J. Wozny, Modeling methods for the design of 3D broadcloth composite parts, Computer Aided Design, Vol.33, No.3, 989-1007, 2001, DOI: http://dx.doi.org/0010-4485/01
    • R. Ohbuchi, H. Masuda, and Masaki Aono, Watermarking three-dimensional polygonal models through geometric and topological modifications, IEEE Journal on Selected Areas in Communications, Vol.16, No.4, 551-560, 1998, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S0140-3664(98)00202-3
    • R. Ohbuchi, H. Masuda, and Masaki Aono, Data embedding algorithms for geometrical and non-geometrical targets in three-dimensional polygonal models, Computer Communications, Elsevier, Vol.21, No.15, 1344-1354, 1998, DOI: http://dx.doi.org/10.1109/49.668977
    • Masaki Aono, Paolo Denti, David Breen, Michael J. Wozny, Fitting a woven-cloth model to a curved surface: Dart insertion, IEEE Computer Graphics and Applications, Vol.16, No.5, 60-70, 1996, DOI: http://dx.doi.org/10.1109/38.536276
    • Masaki Aono, David Breen, Michael J. Wozny, Fitting a woven-cloth model to a curved surface: mapping algorithms, Computer Aided Design, Vol.26, No.4, 278-292, 1994, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/0010-4485(94)90074-4
    • Masaki Aono, Attribute mapping – Concept and implementation, Computers & Graphics, Vol.14, No.3-4, pp. 465-475, 1990, ISSN: 0097-8493, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/0097-8493(90)90068-9
    • Masaki Aono and Tosiyasu L. Kunii, Botanical Tree Image Generation, IEEE Computer Graphics and Applications, Vol.4, No.5, 10-34, 1984, DOI: 10.1109/MCG.1984.276141, (inside KDE here)
  • 国際会議(International Conferences and Workshops)
    • 2016
      • Siang Thye Hang and Masaki Aono, Open World Plant Image Identification Based on Convolutional Neural Network, Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA2016), 4pp, December 16th, Jeju, Korea, 2016
      • Md. Zia Ullah, Md. Shajalal, Abu Nowshed Chy, and Masaki Aono, Query Subtopic Mining Exploiting Word Embedding for Search Result Diversification, 12th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS2016), pp 308-314, November 30th, August 18th, Beijing, China, 2016 Best Short Paper Presentation Awarded
      • Siang Thye Hang, Atsushi Tatsuma, and Masaki Aono, Bluefield (KDE TUT) at LifeCLEF 2016 Plant Identification Task, LifeCLEF 2016 Workshop in Conference and Labs of the Evaluation Forum (CLEF2016), 10pp, September 6th, University of Évora, Portugal, 2016 World No.1 Plant Identification Record in PlantCLEF2016 International Contest , available at here
      • Md Shajalala, Md Zia Ullahb, Abu Nowshed Chy, and Masaki Aono, Query Subtopic Diversification based on Cluster Ranking and Semantic Feature, The 2016 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Applications (ICAICTA 2016), 6pp, August 18th, Park Royal Hotel, Penang, Malaysia, 2016
      • Md Zia Ullah, Md Shajalal and Masaki Aono, KDEIM at NTCIR-12 IMine-2 Search Intent Mining Task: Query Understanding through Diversified Ranking of Subtopics, NTCIR12, IMine-2, 4pp, June 8th, Tokyo, Japan, 2016, available at here
      • Abu Nowshed Chy, Md Zia Ullah, Md Shajalal and Masaki Aono, KDETM at NTCIR-12 Temporalia Task: Combining a Rule-based Classifier with Weakly Supervised Learning for Temporal Intent Disambiguation, NTCIR12, Temporalia-2, 4pp, June 8th, Tokyo, Japan, 2016,available at here
      • M. Savva, F. Yu, Hao Su, M. Aono, B. Chen, D. Cohen-Or, W. Deng, Hang Su, S. Bai, X. Bai, N. Fish, J. Han, E. Kalogerakis, E. G. Learned-Miller, Y. Li, M. Liao, S. Maji, A. Tatsuma, Y. Wang, N. Zhang, Z. Zhou, Large-Scale 3D Shape Retrieval from ShapeNet Core55, 9th Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, May 8, Lisbon, Portugal, 2016
      • Ioannis Pratikakis, Michalis A. Saveloys, Fotis Arnaoutoglou, George Ioannakis, Anestis Koutsoudis, Theoharis Theoharis, Minh-Triet Tran, Vinh-Tiep Nguyen, V.-K. Pham, Hai-Dang Nguyen, Hoang-An Le, Ba-Huu Tran, Huu-Quan To, Minh-Bao Truong, Thuyen Van Phan, Minh-Duc Nguyen, Thanh-An Than, Minh N. Do, Anh-Duc Duong, Takahiko Furuya, Ryutarou Ohbuchi, Masaki Aono, Shoki Tashiro, David Pickup, Xianfang Sun, Paul L. Rosin, Ralph R. Martin, Partial Shape Queries for 3D Object Retrieval, 9th Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, May 8, Lisbon, Portugal, 2016
      • Pedro B. Pascoal, Pedro Proença, Filipe Gaspar, Miguel Sales Dias, Alfredo Ferreira, Atsushi Tatsuma, Masaki Aono, K. Berker Logoglu, Sinan Kalkan, Alptekin Temizel, Bo Li Henry Johan, Yijuan Lu, Viktor Seib, Norman Link, Dietrich Paulusa, Shape Retrieval of Low-Cost RGB-D Captures, 9th Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, May 8, Lisbon, Portugal, 2016
    • 2015
      • Shoki Tashiro and Masaki Aono, 3D Shape Retrieval from a Photo Using Intrinsic Image, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA2015), 4pp, December 19, Hong Kong, 2015, IEEE Signal Processing Society, Paper ID:146
      • Abu Nowshed Chy, Md Zia Ullah and Masaki Aono, Combining Temporal and Content Aware Features for Microblog Retrieval, The 2015 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Applications (ICAICTA 2015), 6pp, Best Student Paper Awarded, August 20th, The Tide Resort, Bang Saen Beach, Chonburi, Thailand, 2015
      • Hero Yudo Martono, Masaki Aono, New Composite Shape and Texture Descriptors for 3D Model Retrieval, 4th International Conference on Computing and Computer Vision (ICCCV2015), 5pp, Best Presentation Awarded, June 23rd, Hong Kong, 2015
      • Pedro B. Pascoal, Pedro Proença, Filipe Gaspar, Miguel Sales Dias, Filipe Teixeira, Alfredo Ferreira, Viktor Seib, Norman Link, Dietrich Paulus, Atsushi Tatsuma, Masaki Aono, Retrieval of Objects Captured with Kinect One Camera, Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, 10pp, Zurich, Switzerland, May 2-3, 2015, DOI:http://dx.doi.org/10.2312/3dor.20151068
      • Andrea Giachetti, Francesco Farina, Francesco Fornasa, Atsushi Tatsuma, Chika Sanada, Masaki Aono, Silvia Biasotti, Andrea Cerri, Sungbin Choi, Retrieval of Non-rigid (Textured) Shapes Using Low Quality 3D Models, Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, 10pp, Zurich, Switzerland, May 2-3, 2015, DOI:http://dx.doi.org/10.2312/3dor.20151067
    • 2014
      • Atsushi Tatsuma, Shoki Tashiro, Masaki Aono, Benchmark for Photo-based 3D Shape Retrieval, Signal & Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA2014), 4pp, December, Seim Reap, City of Angkor Wat, Cambodai, 2014, IEEE Signal Processing Society, Paper ID:1079
      • Md Zia Ullah, Masaki Aono, Query Subtopic Mining for Search Result Diversification, The 2014 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Applications (ICAICTA 2014), 6pp, August 21st, Bandung, Indonesia, 2014
      • Ismat Ara Reshma, Md Zia Ullah, Masaki Aono, Ontology based Classification for Multi-label Image Annotation, The 2014 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Applications (ICAICTA 2014), 6pp, Best Paper Awarded, August 20th, Bandung, Indonesia, 2014
      • A. Giachetti, E. Mazzi, F. Piscitelli, M. Aono, A. Ben Hamza, T. Bonis, P. Claes, A. Godil, C. Li, M. Ovsjanikov, V. Patraucean, C. Shu, J. Snyders, P. Suetens, A. Tatsuma, D. Vandermeulen, S. Wuhrer, P. Xi, SHREC’14 Track: Automatic Location of Landmarks used in Manual Anthropometry, Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, 8pp, April 6, Strausbourg, France, 2014
      • B. Li, Y. Lu, C. Li, A. Godil, T. Shreck, M. Aono, Q. Chen, N.K. Chowdhury, B. Fang, T. Furuya, H. Johan, R. Kosaka, H. Koyanagi, R. Ohbuchi, A. Tatsuma, SHREC’14 Track: Large Scale Comprehensive 3D Shape Retrieval, Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, 10pp, April 6, Strausbourg, France, 2014
      • B. Li, Y. Lu, C. Li, A. Godil, T. Shreck, M. Aono, M. Burtscher, H. Fu, T. Furuya, H. Johan, J. Liu, R. Ohbuchi, A. Tatsuma, C. Zou, SHREC’14 Track: Extended Large Scale Sketch-Based 3D Shape Retrieval, Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, 10pp, April 6, Strausbourg, France, 2014
      • S. Biasotti, A. Cerri, M. Abdelrahman, M. Aono, A. Ben Hamza, M. El-Melegy, A. Farag, V. Garro, A. Giachetti, D. Giorgi, A. Godil, C. Li, Y.-J. Liu, H. Y. Martono, C. Sanada, A. tatsuma, S. Velasco-Forero, C-X. Xu, SHREC’14 Track: Retrieval and Classification on Textured 3D MOdels, Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval, 10pp, April 6, Strausbourg, France, 2014
    • 2013
      • Masaki Aono, Hitoshi Koyanagi, Atsushi Tatsuma, 3D Shape Retrieval Focused on Holes and Surface Roughness, Signal & Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA2013), 8pp, Best Paper Awarded, October, Kaohsiung, Taiwan, 2013, ISSN: 2309-9402, ISBN: 978-986-90006-0-4
      • Alena Neviarouskaya and Masaki Aono, Extracting Causes of Emotions from Text, The 6th International Joint Conference on Natural Language Processing, October, Nagoya, Japan, 2013, ISSN: 3-540-24475-1
      • Alena Neviarouskaya and Masaki Aono, Dependency-Based Method for Extracting Causes of Emotions, Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2013), September, Tokyo, Japan, 2013
      • Md. Zia Ullah, Masaki Aono, and Md. Hanif Seddiqui, Estimating a Ranked List of Human Hereditary Diseases for Clinical Phenotypes by Using Weighted Bipartite Network, 35th Annual International IEEE EMBS Conference, pp. 3475-3478, July 7, Osaka, Japan, 2013, DOI: 10.1109/EMBC.2013.6610290, PMID: 24110477.
    • 2012
      • Masaki Aono, Hiroki Iwabuchi, 3D Shape Retrieval from a 2D image as Query, Signal & Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC), Los Angeles, USA, 10p, December 6, 2012, ISBN: 978-1-4673-4863-8.
      • Atsushi Tatsuma, Hitoshi Koyanagi, and Masaki Aono, A Large-Scale Shape Benchmark for 3D Object Retrieval: Toyohashi Shape Benchmark, Signal & Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC), Los Angeles, USA, 10p, ISBN: 978-1-4673-4863-8, December 6, 2012, ISBN: 978-1-4673-4863-8.
      • Alena Neviarouskaya and Masaki Aono. Analyzing Sentiment Word Relations with Affect, Judgment, and Appreciation. In Proceedings of the 2nd Workshop on Sentiment Analysis where AI meets Psychology (SAAIP 2012), 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2012), Mumbai, pp. 37-52, December 2012.
    • 2011
      • Md Hanif Seddiqui, Sowmitra Das, Iqbal Ahmed, Rudra Pratap Deb Nath, Masaki Aono, Augmentation of Ontology Instance Matching by Automatic Weight Generation, IEEE World Congress On Information and Communication Technologies (WICT 2011), Mumbai, India, 11-14 December, 2011.
      • Masaki Aono, Shiro Wakida, and Atsushi Tatsuma, Protrusion Based Segmentation of Complex 3D Shape Models, APSIPA2011 (Asia Pacific Signal and Information Processing Association), Xi’an, China, October 20, 2011.
      • Atsushi Tatsuma and Masaki Aono, Diffusion Hashing, APSIPA2011 (Asia Pacific Signal and Information Processing Association), Xi’an, China, October 20, 2011.
      • Rozilawati binti Dollah and Masaki Aono, Classifying Biomedical Text Abstracts based on Hierarchical ‘Concept’ Structure, International Conference on Data Mining and Knowledge Engineering (ICDMKE’11), Penang, Malaysia, February 22, 2011.PDF
    • 2010
      • Masaki Aono and Md. Hanif Seddqui. Scalability in Ontology Instance Matching of Large Semantic Knowledge base, Proceedings of the 9th WSEAS International Conference on Artificial Intelligence, Knowledge Engineering and Data Bases (AIKED’10), pp. 378-383, (invited) University of Cambridge, UK, February 20-22, 2010, ISBN: 978-960-474-154-0
      • Md. Hanif Seddiqui and Masaki Aono. Ontology Instance Matching by Considering Semantic Link Cloud, Proceedings of the 9th WSEAS International Conference on Artificial INtelligence, Knowledge Engineering and Data Bases (AIKED’10), pp. 22-27, University of Cambridge, UK, February 20-22, 2010, ISBN: 978-960-474-166-3
      • Md. Hanif Seddiqui and Masaki Aono. Metric of Intrinsic Information Content for Measuring Semantic Similarity in an Ontology, Proceedings of the Seventh Asia-Pacific Conference on Conceptual Modeling (APCCM 2010), pp. 89-96, (reviewed and accepted) Brisbane, Australia, January 18-21, 2010, ISBN: 978-1-920682-92-7. See here for more details.
    • 2009
      • Md. Hanif Seddiqui and Masaki Aono, Anchor-Flood: results for OAEI 2009, The Fourth International Workshop on Ontology Matching (OM2009), (reviewed and accepted) Chantilly, USA, October 25, 2009. available at here
      • Md. Hanif Seddiqui and Masaki Aono, MPEG-7 based Multimedia Information through Instance Matching Integration, ICSC 2009,Third IEEE International Conference on Semantic Computing, (reviewed and accepted), pp. 618-623, Berkeley, CA, USA, September 14, 2009
      • Yuya Sakamoto and Masaki Aono, Supervised Adaptive Downsampling for P300-Based Brain Computer Interface, 31st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2009), (reviewed and accepted), ThBPo3.13, Minneapolis, Minnesota, September 3, 2009.
      • Mitsuo Fukuda, Shota Yamamoto, Makoto Kato, Tadahiko Kawaguchi, Masaki Aono, Hideo Sekino, and Mitsuteru Inoue, A color retrieval technique using holograms, Proc. SPIE 7358, Holography: Advances and Modern Trends, 73581B (May 19, 2009), doi: http://dx.doi.org/10.1117/12.820613
      • Md. Hanif Seddiqui and Masaki Aono, Ontology Driven IPC Based Classification of a Research Abstract, International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2009 (IMECS2009), (reviewed and accepted), Hong Kong, March 18-20, pp.692-697, 2009, Awarded ‘Certificate of Merit’.
    • 2008
      • Md. Hanif Seddiqui and Masaki Aono, Alignment results of Anchor-Flood algorithm for OAEI-2008, The Third International Workshop on Ontology Matching (OM2008), (reviewed and accepted) Karlsruhe, Germany, October 26, 2008. available at here
    • 2007
      • Masaki Aono, Leveraging Category-based LSI for Patent Retrieval, Proceedings of NTCIR-6 Workshop, pp. 373-376, Tokyo, Japan, May 15-18, 2007, PDF.
    • 2006
      • Md. Hanif Seddiqui, Yohei Seki, and Masaki Aono, Automatic Alignment of Ontology Eliminating the Probable Misalignments, Proc. of the 1st Asian Semantic Web Conference (ASWC 2006), Beijing, China, September 2006, DOI: 10.1007/11836025_22, ISBN: 3-540-38329-8 978-3-540-38329-1
      • Ryosuke Nagura, Yohei Seki, Noriko Kando, and Masaki Aono, A Method of Rating the Credibility of News Documents on the Web, Proc. of the 29th Ann. Int’l. ACM SIGIR Conf. on Research and Development on Information Retrieval (SIGIR 2006), Seattle, Washington, August 2006, DOI: 10.1145/1148170.1148316, ISBN: 1-59593-369-7.
    • 2005
      • Mei Kobayashi and Masaki Aono, Exploring Overlapping Clusters using Dynamic Re-scaling and Sampling, Proc. of the American Statistical Association 2005, pp. 2119-2126, Minneapolis, Minnesota, Aug. 7-11, 2005.
      • Yohei Seki, Koji Eguchi, Noriko Kando, and Masaki Aono, Multi-Document Summarization Reflecting Information Needs on Subjectivity [Refereed], Proc. of the Fifth NTCIR Workshop on Research in Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval, Question Answering and Cross-Lingual Information Access, NII, Japan, December 2005, pp.521-528.
      • Masaki Aono and Hironori Doi, A Method for Query Expansion Using a Hierarchy of Clusters, AIRS 2005 (Asia Information Retrieval Symposium), in a book “Infomation Retrieval Technology”, Lecture Notes in Compter Science 3689, Gary G. Lee, et al. eds. Springer Verlag, pp. 479-484, Jeju, Korea, October 12-15, 2005.
    • 2003
      • Y. Morimoto, Masaki Aono, M. E. Houle, and K. S. McCurley, Extracting spatial knowledge from the Web, Proc. Symposium on Applications and the Internet 2003 (SAINT2003), pp. 326-333, January, 2003, DOI: 10.1109/SAINT.2003.1183066
    • 2002
      • M. Kobayashi and M. Aono, Exploring Major and Minor Clusters in Massive Databases, RIMS Workshop on The Numerical Solution of Differential Equations and Linear Computation, Kyoto Univ. Kyoto, November, 2002.
      • M. Kobayashi and M. Aono, ClusterScope: An Information Retrieval and Cluster Analysis Tool for Massive Databases, Engineering Maths and Applications Conference (EMAC 2002), Brisbane, Australia, October, 2002.
    • 1999
      • R. Ohbuchi, H. Masuda, and Masaki Aono, A shape-preserving data embedding algorithm for NURBS curves and surfaces, Computer Graphics International, 1999. Proceedings, pp. 180-187, 1999.
    • 1997
      • R. Ohbuchi, H. Masuda, and Masaki Aono, Watermaking three-dimensional polygonal models, Proceedings of the fifth ACM international conference on Multimedia, pp. 261-272, 1997.
    • 1995
      • M. Aono, R. Ohbuchi, and S. Suda, Interactive Technology and Healthcare, Proc. Medicine Meets Virtual Reality 4, San Diego, CA USA, Febraury, pp. 433-438, 1995.
    • 1992
      • Masaki Aono, David E. Breen, and Michael J. Wozny, A Computer-Aided
        Broadcloth Composite Layout Design System
        , Proc. IFIP Conference on Geometric Modeling, North-Holland, pp. 223-250, 1992.
    • 1990
      • Masaki Aono, A wrinkle propagation model for cloth, CG International’90, Springer, pp. 95-115, Singapore, June 30, 1990.
    • 1988
      • Akio Doi, Masaki Aono, Naoki Urano, and S. Uno, Avenue: An Integrated Animation System, CG International’88, Springer, Genova, May 1988.
    • 1987
      • Masaki Aono, A Real Time Polygon Locator Using a Bucket Method and its Application to Computer-Aided Architectural Design, Proc. IEEE COMPINT87, pp. 80-83, November, Montreal, 1987.
    • 1985
      • Masaki Aono and T. L. Kunii, Botanical Tree Image Generation, invited, 4-th International Conference on New Image Generation of Monte Carlo, February, Monaco, 1985.
  • 解説記事(Magazine articles, Web pages)
    • 青野雅樹, “SC24 (Computer Graphics, image processing and environmental data representation/コンピュータグラフィクス,画像処理及び環境データ表現)シアトルSC24総会報告”, 情報処理学会・情報規格調査会 SC24専門委員会available at here December, 2014.
    • 青野雅樹, “SC24 (Computer Graphics, image processing and environmental data representation/コンピュータグラフィクス,画像処理及び環境データ表現)シドニーSC24総会報告”, 情報処理学会・情報規格調査会 SC24専門委員会available at here December, 2013.
    • 青野雅樹, “コンピュータグラフィクス,画像処理及び環境データ表現”, 情報処理学会・情報規格調査会 SC24専門委員会available at here July, 2012.
    • 青野雅樹, “ISO/IEC JTC1/SC24 CG・画像処理”, 電子画像学会誌, 第39巻, 第6号, pp.949-950, 2010.
    • 青野雅樹, “JTC1/SC24 CG・画像処理”, 電子画像学会誌, 第37巻, 第6号, pp.920-921, 2008.
    • 青野雅樹, “コンピュータグラフィクス,画像処理及び環境データ表現”, 情報処理学会・情報規格調査会 available at here December, 2007.
    • 青野雅樹, 小林メイ, “Webコミュニティマイニング”, 応用数理, 岩波書店, Vol.15, No.1, pp.53-57, March, 2005.
    • 青野雅樹, “3次元物体記述の標準動向と課題”, Newsletter, 情報処理学会・情報規格調査会 available at here September, 2004.
  • 国内会議 (Domestic Workshops)
    • 2017
      • 宮城諒, 青野雅樹, LSTMとCNNを用いたボクセル表現に基づく三次元形状類似検索手法の提案, パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会, PRMU 2016-230, pp.203-208, 名城大学, 3月21日, 2017
      • 姫野晋之介, 青野雅樹, 単語のポジティブ・ネガティブでの出現比率に着目したツイートの極性分類, 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), P18-7, 4pp, 筑波大学, 3月16日, 2017
      • 髙島侑里, 青野雅樹, 化粧品レビューサイトにおけるクチコミの有用性判定, 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), C5-4, 4pp, 筑波大学, 3月15日, 2017
      • 大塚 達也, 青野雅樹, 単語分散表現と文法的な表現に着目したカスタマーレビューの観点ごとの評価値推定, DEIM2017 (第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム), F8-2, 8pp, 高山グリーンホテル, 3月8日, 2017, 学生プレゼンテーション賞受賞
    • 2016
      • 遠藤 昂, 船越孝太郎, エリック・ニコルズ, 青野雅樹, テキストクエリで指定した画像中の領域を特定する一手法, 電子情報通信学会 画像工学研究会 信学技報, IE2016-66, pp.7-12, 福岡大学, 10月6日, 2016
      • 吉井和輝, エリック・ニコルズ, 船越孝太郎, 中野幹生, 青野雅樹, 顕著性マップを用いた画像の説明文自動生成, JSAI 2016, 人工知能学会全国大会, 4K1-5, 4pp, 北九州国際会議センター, 6月9日, 2016. available at here
      • 吉井和輝, Eric Nichols, 船越孝太郎, 中野幹生, 青野雅樹, 画像内領域の顕著性を考慮した画像の説明文生成, PRMU 2015-164, 電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会 信学技法, pp.1-6, 産業総合研究所(臨海副都心センター), 3月24日,2016
      • 髙垣幸秀, 青野雅樹, 時間軸を考慮した特徴量の提案とそれを用いた動画分類, D-12-34, 電子情報通信学会総合大会, 3月16日, 九州大学伊都キャンパス, 2016
      • 小田将規, 青野雅樹, 重要単語からなる料理テキストと料理画像のマルチモーダル特徴量を用いた料理名推定, D-12-186, 電子情報通信学会総合大会, 3月15日, 九州大学伊都キャンパス, 2016
      • Shofi Nur Fathiya and Masaki Aono, Authorship Identification focused on Sentence and Document Based Features, D-5-9, 電子情報通信学会総合大会, 3月15日, 九州大学伊都キャンパス, 2016
      • 真田知佳,立間淳司,青野雅樹, 色付き三次元物体の類似検索, 1X-04, 情報処理学会第78回全国大会, 3月10日, 慶応大学矢上キャンパス, 2016
    • 2015
      • 大塚達也, 立間淳司, 青野雅樹, 文法的な表現を手がかりとした宿泊施設レビュー文の意見分類, E-013, 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 愛媛大学, 2pp, 9月17日, 2015.
      • 阿部卓也, 立間淳司, 青野雅樹, 料理レシピサイトから抽出される特徴に基づいた調理時間予測, D-018, 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 愛媛大学, 2pp, 9月16日, 2015.
      • Chy Abu Nowshed, Ullah Md Zia, 青野 雅樹, Time and Context Aware Re-ranker for Microblog Retrieval, 2I1-5, 人工知能学会全国大会, 5月31日, はこだて未来大学, 2015. available at here
      • 吉井和輝,ニコルズエリック,中野 幹生, 青野 雅樹, 日本語単語ベクトルの構築とその評価, 情報処理学会第221回自然言語処理研究会, 5月25日, 東北大学, 2015.
      • 吉井和輝,立間淳司,青野雅樹, クロスドメイン推薦に向けたユーザ嗜好の予測手法の提案, 6M-06, 情報処理学会第77回全国大会, 3月19日,京都大学, 2015.
      • 桜田亮太, 青野雅樹, 株価急変動要因に着目した株価予測, D-4-12, 電子情報通信学会総合大会, 3月13日, 立命館大学, 2015.
      • Siang Thye Hang, 立間淳司, 青野雅樹, 分類器の予測確率情報を用いた葉画像分類の提案, D-12-41, 電子情報通信学会総合大会, 3月10日, 立命館大学, 2015.
    • 2014
      • 奥村泰明, 青野雅樹, レビュー文書を用いた観点ベースの単語極性判定法の検討, 第12回情報学ワークショップ (Winf2014), 静岡大学, 4pp, 11月29日, 2014.
      • 三和未佐希, 立間淳司, 青野雅樹 , 単語位置と強弱表現に着目したツイートの感情分析, E-011, 第13回情報科学技術フォーラム (FIT2014), 筑波大学, 2pp, 9月4日, 2014.
      • Pav Vanna, 青野雅樹, 立間淳司, 地理情報を埋込んだ画像特徴量に基づく写真画像の位置情報推定, H-016, 第13回情報科学技術フォーラム (FIT2014), 筑波大学, 2pp, 9月3日, 2014.
      • 桜田亮太,青野雅樹, 株式掲示板を用いた投稿数のバースト発生時における株価・株式関連指標動向の予測, D-013, 第13回情報科学技術フォーラム (FIT2014), 筑波大学, 2pp, 9月3日, 2014.
      • Ismat Ara Reshma, Md Zia Ullah, Masaki Aono, Ontology based Supervised Learning for Image Annotation, 電子情報通信学会 画像工学,IE2014-22-IE2014-29, 信学技報 Vol. 114, No.172, pp. 41-56, 千葉工業大学, August 1, 2014.
      • 吉田周平, 立間淳司, 青野雅樹, 三角形型Local Binary Patternによる三次元機械部品の分類, D-12-26, 電子情報通信学会総合大会, 3月19日, 新潟大学, 2014.
      • 鈴木将也, 立間淳司, 青野雅樹, 深度バッファ画像の境界画素パターンに着目した三次元物体の自動アノテーション, D-12-25, 電子情報通信学会総合大会, 3月19日, 新潟大学, 2014.
      • 立間淳司, 青野雅樹, スケッチ画像を検索質問とした三次元物体の形状類似検索における前処理の検討, D-12-17, 電子情報通信学会総合大会, 3月18日, 新潟大学, 2014.
      • 真田知佳, 立間淳司, 青野雅樹, 多重スケール表現のLocal Binary Patternによる三次元物体の形状類似検索, D-12-11, 電子情報通信学会総合大会, 3月18日, 新潟大学, 2014.
      • Lydia Ling Yieng Chen, 立間淳司, 青野 雅樹, 空間段階分割したCSLBP特徴量による二次元スケッチ画像を検索質問とした三次元物体の形状類似検索, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014), F5-3, 5pp, 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 日本データベース学会, 情報処理学会データベースシステム研究会,淡路島夢舞台, 3月4日, 2014.(学生プレゼンテーション賞受賞
    • 2013
      • Md. Zia Ullah, Masaki Aono, Query suggestions with global consistency on user click graph, Webインテリジェンスとインタラクション研究会, ARG SIG-WI2, WI2-2013-23, 神奈川県横浜市, pp.15-20, 12月13日, 2013.
      • 小坂龍一, 立間淳司, 青野雅樹, 複数視点画像の局所特徴量を用いた三次元物体の部分検索手法, pp.23-26, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.37, No.56, 福井県あわら市まつや千千, 12月9日, 2013.
      • Nihad Karim Chowdhury, Atsushi Tatsuma, Masaki Aono, A New Shape Descriptor based on Local and Global Features for 3D Shape Retrieval, pp.19-22, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.37, No.56, 福井県あわら市まつや千千, 12月9日, 2013.
      • 田代翔輝,青野雅樹, フーリエスペクトルを用いた写真からの三次元形状類似検索, H-028, 第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013), 鳥取大学鳥取キャンパス, 2pp, 9月4日, 2013.
      • 倉橋宏幸,青野雅樹, Amazonレビューの有用性判定, D-011, 第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013), 鳥取大学鳥取キャンパス, 2pp, 9月4日, 2013.
      • Linda Changvisommid,青野雅樹, 映画の興行収入を予測する手法の検討, 6R-1, 情報処理学会第75回全国大会, 東北大学川内キャンパス, 2pp, 3月8日, 2013.
      • 佐藤駿介, 青野雅樹, 色特徴量と動き特徴量を用いたショット分割手法, 5U-7, 情報処理学会第75回全国大会, 東北大学川内キャンパス, 2pp, 3月8日, 2013.
      • 佐藤智博, 青野雅樹, コンテンツベース素性によるウェブスパム検出, 3P-8, 情報処理学会第75回全国大会, 東北大学川内キャンパス, 2pp, 3月7日, 2013.
      • 長野敬介, 青野雅樹, Learning to Rankを用いたQAサイトにおけるベストアンサーの推定, 3P-5, 情報処理学会第75回全国大会, 東北大学川内キャンパス, 2pp, 3月7日, 2013.
      • 田代翔輝,青野雅樹, 2次元画像による3次元物体モデルの検索, 3N-2, 情報処理学会第75回全国大会, 東北大学川内キャンパス, 2pp, 3月7日, 2013.
      • 小栁 斉,青野雅樹, 穴と凹凸に着目した3次元物体の形状類似検索, 3N-1, 情報処理学会第75回全国大会, 東北大学川内キャンパス, 2pp, 3月7日, 200, 2013.
      • 奥村 泰明, 青野 雅樹, 多視点画像からの複合特徴量に基づく三次元形状モデルの分類, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, E10-5, 4pp, 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 日本データベース学会, 情報処理学会データベースシステム研究会,福島県磐梯熱海, March 5th, 2013.
      • Pav Vanna, 青野雅樹, ウェブページの統計的解析に基づく素性を用いたウェブスパム検出, F5-4, 6pp, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, F5-4, 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 日本データベース学会, 情報処理学会データベースシステム研究会,福島県磐梯熱海, March 4th, 2013.
      • 桜田 亮太, 青野 雅樹, 電子掲示板の投稿を用いた株価リターン予測, E1-5,4pp, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, F5-4, 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 日本データベース学会, 情報処理学会データベースシステム研究会,福島県磐梯熱海, March 3rd, 2013.
    • 2012
      • Alena Neviarouskaya and Masaki Aono, Automatic Analysis of Appraisal Potentials of Words,
        情報学ワークショップ(WINF2012), Proceedings of Workshop on Informatics, 豊橋技術科学大学, C2-1, pp. 163- 168, December 8, 2012.
      • 立間淳司, 青野雅樹, 局所計量保存射影と類似文書検索への応用, C4-1, 1p. 豊橋技術科学大学, 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 9月24日, 2012.
      • 小坂龍一, 青野雅樹, 自己組織化写像を用いた3次元モデルのセグメンテーション, C1-8, 1p. 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 豊橋技術科学大学, 9月24日, 2012.
      • 澤田貴行, 青野雅樹, シソーラスを利用した産業遺産の記述とその分類への適用, B1-5, 1p. 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 豊橋技術科学大学, 9月24日, 2012.
      • 長野敬介, 青野雅樹, Learning to Rankを用いたQAコンテンツのベストアンサー推定手法の提案, B1-4, 1p. 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 豊橋技術科学大学, 9月24日, 2012.
      • Rudra Pratap Deb Nath, Hanif Seddiqui, and Masaki Aono, Knowledge Based Partitioning for Ontology Instance Matching (OIM), C1-4, 1p. 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 豊橋技術科学大学, 9月24日, 2012.
      • Chao Yang, 青野雅樹, 階層構造による国際特許分類手法の提案, B1-7, 1p, 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 豊橋技術科学大学, 9月24日, 2012.
      • Keothammavong Rattanaxay and Masaki Aono, Twitterを用いた震災時のイベント共起情報の解析, B1-1, 1p. 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, 豊橋技術科学大学, 9月24日, 2012.
      • Chao Yang, 青野雅樹, 階層分類による科学技術論文抄録と国際特許分類関連性決定手法の提案, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012), F-031, 法政大学, 東京都小金井市, 2pp, 9月6日, 2012.
      • 澤田貴行, 青野雅樹, 階層的語彙体系を利用した産業遺産の記述とその分類への適用, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012), D-024, 法政大学, 東京都小金井市, 2pp, 9月5日, 2012.
      • Rudra Pratap Deb Nath, Hanif Seddiqui, and Masaki Aono, An Efficient Method for Ontology Instance Matching, 1I2-R-4-1, 2012年度人工知能学会全国大会(第26回), 4pp. ゆ~あいプラザ山口県社会福祉会館, 6月12日, 2012.
      • 村上卓, 青野雅樹, “アフィニティ・プロパゲーションを用いた高精度な3次元モデル分割方法”, 第22回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (WI2), 電子情報通信学会 HCG 第2種研究会 (SIG-WI2), 中央大学, 3月17日, pp.37-38, 2012
      • 長野敬介, 青野雅樹, “ランキング学習によるQAコンテンツのベストアンサー推定”, 第22回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 (WI2), 電子情報通信学会 HCG 第2種研究会 (SIG-WI2), 中央大学, 3月17日, pp.43-44, 2012
      • Keothammavong Rattanaxay, 相田慎, 青野雅樹, “ツィッターのデマ率の推定”, 第74回情報処理学会全国大会, セッション 6S-1, 名古屋工業大学, 3月8日, 2012
      • 小栁 斉, 立間淳司, 青野雅樹, “多視点画像からのEdge特徴量に基づく3次元物体の形状類似検索”, 第4回データ工学と情報マネジメントフォーラム (DEIM2012), 4pp, セッション F-5, 神戸市舞子, 3月3日, 2012
      • 倉橋 宏幸, 青野 雅樹, “マイクロブログからの映画評判情報の抽出”,第4回データ工学と情報マネジメントフォーラム (DEIM2012), 6pp, セッション F-5, 神戸市舞子, 3月3日, 2012
      • 小坂龍一, 青野雅樹, “機械学習を用いたマイクロブログの多カテゴリ分類”, 第4回データ工学と情報マネジメントフォーラム (DEIM2012), 4pp, セッション F-5, 神戸市舞子, 3月3日, 2012
    • 2011
      • 吉田大修, 青野雅樹, “リンクとコンテンツを利用したスパムブログ検出”, 第21回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2), 大阪大学, 11月7日, pp.21-22, 2011
      • 岩渕寛樹, 青野雅樹, “2次元画像を入力要求とした3次元モデル類似検索”, 第10回情報科学技術フォーラム(FIT 2011), 函館大学, 9月8日, I-069, 2011
      • Pang Xin, 青野雅樹, “自然画像と赤外線画像からの顔表情認識”, 第10回情報科学技術フォーラム(FIT 2011), 函館大学, 9月9日, H-033, 2011
      • 高橋辰典, 青野雅樹, “擬似適合性フィードバックを用いた特許文献の検索”, 第20回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 函館, 9月2日, pp47-48, 2011
      • 大河内理貴,青野雅樹,川嶋和子, “ノンパラメトリック回帰を利用した施設園芸作物の生産性の推定 “, 第3回データ工学と情報マネジメントフォーラム (DEIM2011), E5-2, 修善寺, 静岡, 2月28日, 2011
      • 佐藤智博, 青野雅樹 , “リンク情報に基づいたウェブスパム検出”, 第3回データ工学と情報マネジメントフォーラム (DEIM2011), B3-5, 修善寺, 静岡, 2月27日, 2011
      • 脇田志郎, 青野雅樹, “突起形状に着目した3次元モデルのセグメンテーション”, 映情学技報, vol. 35, no. 9, ME2011-50, 北海道大学, pp. 215-220, 2月21日, 2011
    • 2010
      • 立間淳司,青野雅樹, “局所的な近傍構造に基づいたハッシュ型近似最近傍探索手法:Neighborhood Sensitive Hashing”, 第3回楽天研究開発シンポジウム, 6pp, 品川, 東京, 12月18日, 2010. (最優秀論文賞)
      • 久田幸奈, 青野雅樹, “曖昧な記憶に基づくテキスト情報からの想起に向けた問題とその分析”, Webインテリジェンスとインタラクション研究会, WI2-2010-45, pp. 49-50, 新潟県佐渡市, 9月17日, 2010
      • 脇田志郎, 青野雅樹, “隣接面情報に基づく特徴に着目した3次元モデルのセグメンテーションの検討”, 第9回情報科学技術フォーラム FIT2010, セッション I-040, 九州大学 伊都キャンパス, 福岡県東区, 9月9日, 2010
      • Rozilawati binti Dollah, Masaki Aono, Hanif Md. Seddiqui, “The effect of using hierarchical structure for classifying biomedical text abstracts”, 人工知能学会全国大会(第24回) JSAI2010, セッション 3A3-2, ブリックホール, 長崎県長崎市, 6月11日, 2010
      • 高橋将史,青野雅樹, “ゲームのレビュー情報を用いた情報推薦”, 第72回情報処理学会全国大会, セッション 3S-5, 東京大学, 東京都文京区本郷, 3月10日, 2010
      • 伊藤誉将,関洋平, 青野雅樹, “LDAによる国会会議録を対象にしたセグメンテーションの一手法”, 第72回情報処理学会全国大会, セッション 3V-3, 東京大学, 東京都文京区本郷, 3月10日, 2010
      • 高田智弘,青野雅樹, “掲示板におけるニュースの議論理解支援システム”, 第72回情報処理学会全国大会, セッション 1S-2, 東京大学, 東京都文京区本郷, 3月9日, 2010
      • 坂元佑弥,青野雅樹, “脳波判別のための多次元時系列データ転移学習手法”, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010), セッション F10, F10-2, 淡路夢舞台国際会議場, 兵庫県淡路市, 3月2日, 2010
    • 2009
      • 平山裕高,青野雅樹, “温室におけるトマトの収穫量の予測”, 第16回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 電子情報通信学会, pp.89-90, 学術総合センター, 東京, 10月22〜23日, 2009
      • 大河内理貴,青野雅樹,川嶋和子, “加法的なノンパラメトリック回帰によるトマトの生産性の推定”, 電子情報通信学会 総合大会, D-4-17, 愛媛大学,愛媛県松山市, 3月20日, 2009
      • 脇田志郎,青野雅樹, “隣接面情報に基づく特徴量を利用した三次元モデルの類似検索”, 電子情報通信学会 総合大会, D-12-102, 愛媛大学,愛媛県松山市, 3月19日, 2009
      • 坂元佑弥,青野雅樹, “訓練データ適応型ダウンサンプリングによる脳は判別手法”, ニューロコンピューティング研究会, 電子情報通信学会信学会,NC2008-103〜175, 玉川大,東京都町田市, 3月13日, pp.365-370, 2009
      • 古川修平, 青野雅樹, “隣接情報を用いた類似文書検索とリランキング”, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), セッションA9「情報検索・サーチ技術」, ヤマハリゾートつま恋,静岡県掛川市, 3月10日, 2009
      • 小室達也, 青野雅樹, “階層型自己組織化マップとユーザ嗜好反映を取り入れた検索システム”, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), セッションE4「可視化・ユーザインタフェース」, ヤマハリゾートつま恋,静岡県掛川市, 3月9日, 2009
    • 2008
      • 石坂浩章, 青野雅樹, 文間類似度をもとにした国会議事録の話題領域抽出, 第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 電子情報通信学会, pp.89-90, 横浜市神奈川近代文学館, 12月11〜12日, 2008
      • 石田大和, 青野雅樹, Webニュース記事における手がかり語を用いた地名参照情報の抽出, 第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 電子情報通信学会, pp.87-88, 横浜市神奈川近代文学館, 12月11〜12日, 2008
      • 石崎 諒, 青野雅樹, Webニュースに対するブログ意見の分析ツール, 第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 電子情報通信学会, pp.11-12, 横浜市神奈川近代文学館, 12月11〜12日, 2008
      • Md. Hanif Seddiqui, Masaki Aono, Use of Ontology in Text Classification, 第19回セマンティックウェブとオントロジー研究会, SIG-SWO-A802-05, セマンティックウェブとオントロジー研究会 大阪大学産業科学研究所, 12月3日, 2008
      • 北村順平, 青野雅樹, “ウェブサイト間の類似度を用いたウェブスパムの検出”, NL-188, 情報処理学会 自然言語処理研究会, 11月26日, 九州大学 伊都キャンパス, Vol.2008, No.113, pp.45-50, 2008
      • 古川修平, 関洋平, 青野雅樹, “特許の無効資料調査のための類似特許検索とリランキング”, 第7回情報科学技術フォーラム(FIT2008), D-027, 神奈川県慶応大学湘南藤沢キャンパス, 9月3日, 2008
      • Rozilawati binti Dollah, Masaki Aono, “Classifying biomedical text abstracts using binary and multi-class Support Vector Machine”, 第22回人工知能学会 全国大会, 3B1-1, 北海道旭川市ときわ市民ホール, 6月13日, 2008
      • 仲野 将,関 洋平, 青野雅樹, “ESPARアンテナを用いた屋内における観測対象の位置推定”, 電子情報通信学会 総合大会, BS-10-6, 北九州学術研究都市, 3月20日, 2008
      • 高田智弘,関 洋平, 青野雅樹, “動画サイトのコメントを用いた動画シーンの検索”, 第70回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会,6R-6, 筑波大,茨城県つくば市, 3月15日, 2008
      • 坂元佑弥,高井英明, 中内茂樹, 関 洋平, 青野雅樹, “SVMを用いた記憶想起時の脳波からの認知状態判別”, 第70回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会,6X-4, 筑波大,茨城県つくば市, 3月15日, 2008
      • 石坂浩章, 関 洋平, 青野雅樹, “質疑応答関係に着目した議論の構造の抽出”, 第70回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会,5U-6, 筑波大,茨城県つくば市, 3月15日, 2008
      • 石田大和, 関 洋平, 青野雅樹, “Webニュース記事視覚化のための情報抽出 –地名とイベントの関連付け–“, 第70回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会,5U-5, 筑波大,茨城県つくば市, 3月15日, 2008
      • 小室達也, 関 洋平, 青野雅樹, “階層型自己組織化マップを用いた検索結果の可視化システム”, 第70回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会,5T-1, 筑波大,茨城県つくば市, 3月15日, 2008
      • 杉山典之, 関洋平, 青野雅樹, “ユーザのタグ付け傾向を利用したソーシャルブックマーク内の関連ページ検索手法”, B9-2,電子情報通信学会データ工学研究会, 第19回データ工学研究会(DEWS2008), 3月11日,宮崎,2008
      • 山口智由, 青野雅樹, “複数表を対象とした統計データの抽出と統合”,A4-5, 電子情報通信学会データ工学研究会, 第19回データ工学研究会(DEWS2008), 3月10日,宮崎,2008
    • 2007
      • 山口智由, 青野雅樹, “表の属性間の階層関係抽出”, FIT2007(第6回情報科学技術フォーラム), 9月6日, 中京大学, E-051-1/2, 2007
      • 甲元香奈, 関洋平, 青野雅樹, “映画のブログからの意見情報抽出に基づく関心の分析”, FIT2007(第6回情報科学技術フォーラム),9月6日, 中京大学, E-040-1/2, 2007
      • 石田大和,青野雅樹, “Web上のニュース記事視覚化のための地名抽出手法”, 電子情報通信学会, 東海支部, 卒業研究発表会, 名城大学, 3月22日, 2007
      • 佐々木若菜,関 洋平,青野雅樹, “Web書評を対象としたカテゴリー分析と読み手が受けた印象や感情の自動抽出”, 言語処理学会第13回年次大会, NLP2007, 龍谷大学,3月20日, pp.408-411, 2007
      • 杉山典之,関 洋平,青野雅樹, “SBMサービスのユーザとタグの情報に着目したWebページ推薦システム”, 第69回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会, 4T-4, 早稲田大学,東京都新宿, 3月7日, 2007
    • 2006
      • 立間 淳司, 関 洋平, 青野雅樹: 多重フーリエスペクトル表現に基づく3次元モデルの形状類似検索, 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 電子情報通信学会, pp.89-94, 東京大学科学技術研究センター, 11月12〜13日, 2006
      • 青野雅樹,関口 雄祐, 鈴木 尚也, 安田 好文, 関 洋平: グループ学習モニタリングを目的とするインテリジェントヒューマンセンシングに基づく時系列データマイニング手法. 第6回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 電子情報通信学会, pp.13-18, 札幌コンベンションセンター, 7月3〜4日, 2006
      • 坂倉 奨,青野雅樹,関 洋平, “生体情報の時系列データマイニングの試み”, 第68回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会,7P-2, 工学院大,東京都新宿, 3月10日, 2006
      • Md. Hanif Seddiqui,関 洋平,青野雅樹, “Integration of Heterogeneous Ontology by Constructing Similarity  Matrices and Resolving the Anomaly of the Matrices”, 第68回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会. 4N-6, 工学院大,東京都新宿, 3月9日, 2006
      • 奈倉良介,関 洋平,青野雅樹, “Web上のニュース記事を対象とした信頼度の判定手法の提案”, 第68回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会, 3P-5, 工学院大,東京都新宿, 3月8日, 2006
      • 立間淳司,青野雅樹, 関 洋平,大渕竜太郎(山梨大), “独立成分分析を用いた3次元モデルの類似検索”, 第68回情報処理学会 全国大会, 情報処理学会, 3M-5, 工学院大,東京都新宿, 3月8日, 2006
      • 関 洋平, 青野雅樹, “主観情報に焦点を当てた複数文書要約のテキスト構造とピラミッド型評価の分析”, 第4回Webインテリジェンス・インタラクション研究会, IEICE SIG Notes WI2-2006-01〜11, 電子情報通信学会, pp. 45-50, キャンパスプラザ京都, 1月15日, 2006
    • 2005
      • 関洋平,神門典子,青野雅樹: 日本語と英語の文タイプの自動付与とその特徴素. 電子情報通信学会言語理解とコミュニケーション研究会 NLC2005-28, September, pp.23-28, 2005
      • 向井 誠, 青野雅樹, “RSSに基づく個人向け内容型情報推薦プロトタイプシステム”, 自然言語処理・情報学基礎合同研究会,2005-NL-169, 情報処理学会, pp. 27-32, 横浜国立大学, 9月29日, 2005
      • 平野健太郎, 青野雅樹, “情報系科目を用いたHTMLシラバスのXML変換と内容分析”, 第3回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, IEICE SIG Notes WI2-2005-28〜49,電子情報通信学会, pp. 83-88, 広島市立大学, 9月2日, 2005
      • 武内祐一, 青野雅樹, “OWLを用いた音楽嗜好データの表現と音楽情報推薦への応用”, DBWS2005, IEICE, IPSJ共催, 2005-DBS-137(II), pp. 277-281, 青森県奥入瀬, 7月14日, 2005
      • 青野雅樹, “クラスタ粒度階層構造を用いたアウトライヤー文書の検出方法”, DBWS2005, IEICE,IPSJ共催, 2005-DBS-137(I), pp. 1-7, 青森県奥入瀬, 7月13日, 2005
      • 土肥広典, 青野雅樹, “双クラスタリングに基づく検索質問拡張法”, 第2回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, IEICE SIG Notes WI2-2005-18, 電子情報通信学会, pp. 43-48, 大阪大学, 3月24日, 2005
      • 青野雅樹, 中内茂樹, 澤田和明, 北崎充晃, 若原昭浩,  市川周一, 高尾英邦, 桂田浩一, 新田恒雄, 石田誠, “スマートクラスルーム −インテリジェントヒューマンセンシングによる−”, 電子情報通信学会 2005年総合大会シンポジウム講演(招待), センサネット:エレクトロニクスと情報技術の融合(CS-9), 電子情報通信学会, CS-9-1, 3月21日, 大阪大学豊中, 2005
      • 青野雅樹, 土肥広典, “文書-単語双クラスタリングを用いた特許データの概念検索性能向上について “,電子情報通信学会データ工学研究会, 第16回データ工学研究会(DEWS2005), 3月,長崎,2005
      • 向井 誠,青野雅樹, “RSSに基づく内容型情報推薦システムの提案”,情報処理学会,第67回情報処理学会 全国大会, 3月, 東京, 2005
      • 武内裕一,青野雅樹, “個人の音楽嗜好データのOWLによる表現とその応用 “,情報処理学会,第67回情報処理学会 全国大会, 3月,東京,2005
      • 平野健太郎,青野雅樹, “DTDマッチングによる大学シラバスの相互変換”,情報処理学会,第67回情報処理学会 全国大会, 3月,東京,2005
    • 2003
      • 青野雅樹 他, “ベクトル空間モデルによる類似検索の比較と類似度に基づくクラスタリング手法”, 電子情報通信学会,自然言語処理学会,NLCシンポジウム,2月,三重,2003

番外編(先生の博士論文) Computer-Aided Geometric Design for Forming Woven Cloth Composites (米国、レンセラー工科大学、コンピュータサイエンス学科, 1994年)ダウンロードは こちらから

超番外編(先生のデビュー論文、中学時代に執筆)
「シロスジドウボソカミキリとその観察」すずむし, pp.13-16, June 20, 1975, No.111