Little Birds

正月以来、久しぶりに、近所の森に行きました。さすがに、ルリビタキはもうどこかに行ってしまったようです。でも、新しい出会いがありました。ミソサザイ(Troglodytes troglodytes)とアオジ(Emberiza spodocephala)です。ミソサザイは日本最小クラスの鳥とのこと。とても敏捷に動いていたので、写真にとれて奇跡だと思いました。可愛いです。アオジは、おなかの黄色と、あたまの緑色(この緑がアオジの「アオ」の由来のようです)がとても印象的だなあと思いました。元来の趣味である植物に加えて、少しずつ鳥の写真の種類を増やしていますが、鳥を追いかけて写真を撮る人の気持ちがちょっぴりわかってきたような気がします。

日本の野鳥で最小種といわれるミソサザイ(Troglodytes troglodytes)
アオジ(Emberiza spodocephala)

翌日、天気がよかったので、もう一度、森へ出かけました。いつもと違うスポットから森に入り、ちょっと開けたところで耳を澄ましていると、小鳥の声が聞こえてきました。しかも、いろいろな声が混ざっているように感じました。高い樹木の上を見上げると、枝から枝へと飛び交う小鳥の姿が…. しばらく待っていると地面付近に来るもの、樹木の根元に来るもの、樹木の下枝あたりに飛来するものなど、いまさらですが、いろいろなパターンがあることがわかってきました。カメラに幾つか収めることができました。


エナガ(Aegithalos caudatus)
コゲラ(Dendrocopos kizuki)、キツツキの仲間です

もうひとつうれしいことがありました。ルリP(Tarsiger cyanurus)にまた会えました!まだ、この森にいてくれたんだね。君がいない森は寂しすぎる。来シーズンもまた会おう。

ルリP。まだいてくれたんだね
見ていると吸い込まれそうなロイヤルブルー

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*