USA東海岸の街で

90年代前半4年弱ニューヨーク州に留学していたとき以来、本当に久しぶりに、USA東海岸の街、アーリントン(ワシントンDCの近く)に一週間ほど、滞在する機会がありました。毎年夏のISOの仕事がらみです。最近日本人は米国に入国しにくいのでは?と懸念していましたが、そんなことはなく、immigration officer(入国審査官)の担当者から、「日本に行くならいつ頃がおすすめですか?」と予想外の質問をされ、思わず笑顔になってしまいました。街行く人々も、とても親切で気さくな人たちばかりで、なぜかfeel at homeと感じられました。

Arlingtonの街並み。セブンイレブンがあります。Nanacoは使えません(笑)。よく見るとわかると思いますが、街並みの美観を保つため、電信柱とか電線のような見た目に美観を損ねるものは、USAの大抵の街にはありません。地下に埋められています。
ISO会議のあったバージニア工科大学リサーチセンター。
ISO/IEC JTC 1/SC 24のメンバーの集合写真。
ポトマック川から望むリンカーン記念館とワシントン記念碑。
ポトマック川の夕日。大河の流れをずっと見ていて、なぜかふと、感傷に浸りました。空を眺めるのも好きですが、川の流れを眺めるのもいいもんですね。いろいろ考えさせられます。方丈記だったり、デカルト哲学だったり。I think therefore I am.
ワシントン記念碑(夜景)。この奥にホワイトハウスがあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*