風が気持ちいい…

五月になり、昼間の平均気温があがってきました。それでも朝はまだ結構気温が下がるので、外を歩くには、ちょうど「風が気持ちいいなあ」と感じています。技科大のこの時期は、バス停から事務局へ続く道にツツジが出迎えてくれます。ツバメも南国から帰ってきて、技科大の構内の地面すれすれを、挨拶がてらに超高速で飛び交って巧妙に人間を避けてくれているように感じます。

連休はどこも混雑しているだろうということで、近所のいつもの森に出かけました。今年も黄色いキンランを見かけることができ、ほっとしています。植物鑑定の研究をはじめてから、益々植物が愛おしくなってきました。

技科大の事務局付近にツツジ(Rhododendron L.)が咲き始めました
技科大の事務局付近のツツジ(Rhododendron L.)

近所の森のキンラン(Golden orchid, Cephalanthera falcata)

ヤマシャクヤク(Paeonia japonica )。最初に見たのは、まだ中学生のころ、岡山県上斎原で。「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」。大好きな花のひとつです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*